強いビジネス基盤を構築する際に注目したい考え方に、「ユーザーエンゲージメント」という考え方があります。このユーザーエンゲージメントを向上させることでリピート率などを高められる可能性があります。この記事では、ユーザーエンゲージメントの概要を解説するとともに、計測する指標、具体的な改善方法などを解説します。以下の情報を参考にすれば、ユーザーエンゲージメントについて理解を深められます。

 

1. ユーザーエンゲージメントとは?

最初に、ユーザーエンゲージメントの概要を解説していきます。

1-1. エンゲージメントとは?

エンゲージメント(engagement)とは、婚約や約束などを意味する英単語です。マーケティング領域で用いられる場合は、消費者と自社の商品やサービスとの関係性の強さを指します。例えば、消費者がさまざまなプロモーションや体験などに触れて特定の商品に強い愛着を抱いている状態をエンゲージメントが高いと表現します。

1-2. ユーザーエンゲージメントの意味

ユーザーエンゲージメントは、主にウェブマーケティング領域で用いられる言葉です。具体的には、Web上におけるユーザーとサービスなどとの関係性の強さを意味します。ユーザーが特定のWebサイトやアプリに抱く愛着の強さといってもよいでしょう。例えば、あるWebサイトをお気に入りに追加して、毎日のように何時間も滞在しているユーザーは、そのWebサイトに対するユーザーエンゲージメントが高いと評価できます。

2. ユーザーエンゲージメントを高めることのメリット

エンゲージメントの高い消費者は、商品やサービスに対して強い愛着を抱いているため継続的に利用してくれる可能性が高いと考えられます。また、良い体験をシェアしたいと考えるため、知人や友人に商品などを紹介してくれる可能性もあります。ユーザーエンゲージメントについても同様のことがいえます。つまり、ユーザーエンゲージメントが高いと、Webサイトやアプリを継続的に利用し、SNSなどでシェアしてくれる可能性が高いのです。

Webサイトの場合は、検索順位にも良い影響が及ぶと考えられます。ユーザーエンゲージメントは、検索順位を決定する要素のひとつとなっています。ユーザーエンゲージメントが高いWebサイトでは、ユーザーが何度もWebサイトにアクセスするため、検索順位が上昇しやすくなります

3. ユーザーエンゲージメントを測る指標

ユーザーエンゲージメントを測る指標は、サービスの形態により異なります。例えば、Webサイトであれば、ページビュー、滞在時間、直帰率、SNSのシェア数などをもとにユーザーエンゲージメントを測ることができます。ECサイトの場合は、リピート率、解約率、メルマガ購読者数、メール開封率、メールクリック率などを活用できるでしょう。

また、ユーザーエンゲージメントを計測するときは、ネガティブな指標を見逃さないことが重要です。例えば、直帰率や解約率の上昇は、ユーザーエンゲージメントが低下しているサインと考えられます。ネガティブな指標も追跡して、必要に応じて対策を講じていく必要があります

4. GA4におけるユーザーエンゲージメントとは?

2020年に正式リリースされたGA4(Google Analytics 4)には、ユーザーエンゲージメントの指標が設けられています。GA4における、ユーザーエンゲージメントをの定義をご紹介します。

Googleが運営しているアナリティクスヘルプによると、ユーザーエンゲージメントの指標は「アプリの画面がフォアグラウンド表示されていた時間、またはウェブページがフォーカス状態にあった時間の長さと定義されています。したがって、アプリやWebサイトを使用していても、非表示の時間帯は収集の対象外となります。ユーザーエンゲージメントの指標は、ユーザーがサービスを積極的に利用している時間を把握したいときに役立つといえるでしょう。

ちなみに、GA4にはエンゲージメントの指標も設けられています。エンゲージメントは「サイトやアプリに対するユーザーの操作と定義されています。具体的には、ページをゆっくりとスクロールする、特定のページにとどまるなど、サービスを利用していると考えられる操作がエンゲージメントに該当します。エンゲージメントは、GA4の「ライフサイクル」から確認できます。

 

5. ユーザーエンゲージメントを高める方法

ユーザーエンゲージメントは、さまざまな取り組みで高めることができます。具体的に、何をすればよいのでしょうか。

5-1. ユーザーのニーズを満たす

最も確実な方法は、自社が提供しているサービスでユーザーのニーズを満たすことです。Webサイトの場合は、検索意図に応えれば基本的にはユーザーのニーズを満たせると考えられます。一見すると簡単ですが、実際は、ユーザーのニーズをとらえること自体が難しく、簡単にはユーザーのニーズを満たすことはできません。例えば、「ユーザーエンゲージメント」を検索しているユーザーに対しては、言葉の定義、計測する指標、改善する方法など、さまざまなニーズが考えられます。適切にニーズを把握するためにも、まずはユーザーを観察して、真のニーズを把握しなければなりません。ニーズに基づきコンテンツを制作すれば、ユーザーはじっくりと時間をかけてコンテンツを読んでくれるため、ユーザーエンゲージメントが高まっていきます。

5-2. ユーザビリティを高める

ユーザビリティを高めることも重要です。例えば、ニーズを満たすコンテンツを制作しても、広告だらけで読みにくい状態であれば、内容を理解する前に離脱される恐れがあります。導線が悪いため、求めている情報にたどり着けない場合も同様です。ユーザーがストレスを感じる部分をなくす、あるいは、使いやすさ高めることで、コンテンツが適切に評価され、ユーザーエンゲージメントを高める価値になることもあります。

5-3. ユーザーの意見を取り入れる

ユーザーの意見を取り入れてWebサイトやアプリなどを改善することも有効です。いわゆるヘビーユーザーは、サービスの良い点と悪い点を詳細に把握しているケースが少なくありません。ヘビーユーザーを対象に、アンケートを実施してもよいでしょう。

6. ユーザーエンゲージメントを向上させた事例

金融商品を販売しているA社では、口座開設数は順調に伸びているものの取引まで進まない点に課題を感じていました。Webサイトを分析して導き出した原因が、掲載している情報量が多すぎることです。必要な情報を網羅的に掲載しているため、ユーザーが混乱していると考えました。以上の問題を解決するため、ユーザーのステップにあわせて必要な情報を提供するように修正しました。情報を提供するタイミングを変更することでユーザビリティを改善し、ユーザーエンゲージメントを高めることに成功したのです。

7. まとめ

ユーザーエンゲージメントは、Web上におけるユーザーとサービスなどとの関係性の強さを意味します。向上させることで、サービスを継続利用してもらいやすくなり、また、SNSなどでシェアされる確率も高まります。ユーザーエンゲージメントは、ユーザーのニーズに応えることやユーザビリティを改善することなどで向上できます。ビジネスの基盤を強くするため、これらの取り組みを進めてみてはいかがでしょうか。

Editor Profile

  • Marketics 編集部

    ユーザーデータ・広告データ・購買データなど、マーケティングプロセス上に存在する全てのビジネスデータを、 ノーコードで、一元的に取得・統合・活用・分析することが可能なSaaS型データマーケティングプラットフォーム「b→dash」が運営する マーケティングメディア「Marketics」の編集部。インタビュー記事やノウハウ記事を定期的に発信しています。

Category
Tag