商品/サービスのコモディティ化のスピードが劇的に速くなっている現代においては、並み居る競合他社を退け、顧客に自社の商品/サービスを選んでもらうための工夫をしなければ、企業間競争に勝つことはできません。その手助けのひとつとなるのが「CDP」と呼ばれるプラットフォームです。本記事では、CDPと比較されることが多い「DMP」をはじめとした、さまざまなプラットフォームとの違い、おすすめのCDPのベンダー/ツールなどについてご紹介します。

 

1. CDPの特長 / CDPの登場によるマーケティングの変化

CDPの正式名称は「Customer Data Platform(カスタマーデータプラットフォーム)」と言い、顧客一人ひとりの詳細なデータを収集/統合することが可能で、そのデータをもとに精緻な施策や分析に活かすことができます。データの収集元は自社の基幹システムやサイト、カートシステムなど多岐にわたり、氏名や住所などの個人情報、アクセスログや購入/閲覧履歴、販売している商品情報など様々です。複数のシステム/ツールから収集したデータなので、1つのシステム/ツールから収集したデータを活用するよりも、より精緻な分析や施策実施が可能となります。

CDPを導入する企業が増加傾向にある背景の一つとしては、インターネットに接続するための方法はPCのみ、という時代からスマホやタブレットなどのデバイスが一般的な時代になり、より顧客に関するデータは多様化していることが挙げられます。CDP登場以前のデータ活用は複数システム/ツールのデータを統合することができなかったので、「性別」と「過去の購入商品」というような複数システム/ツールにまたがるデータをかけ合わせて施策や分析を行う事ができず、細かくセグメントを切ることができませんでした。

そこで登場したのがバラバラのシステム/ツール内のデータをすべて一元化し、そのデータをマーケティングに活用できるCDPです。CDPを活用できるようになったことで、より効果的な顧客情報管理や分析、施策を実現することが可能になりました。

2. CDPの導入のメリット/デメリット

CDPを導入/構築するためのメリットとデメリットについて解説します。

2-1. CDP導入のメリット

●メリット
 ・工数の削減が可能
 ・KPIの改善が可能

1つ目のメリットは「工数の削減」です。CDPが登場する以前は、基幹システムのデータ、自社サイトのデータ、カートシステムのデータ、マーケティングオートメーションなどのツールのデータなど、複数のデータを一元化するためには、それぞれのツールからCSV等でデータを落として、Excelで統合するというような作業が発生してしまい、膨大な工数が発生してしまっていました。しかし、CDPを導入し、一度各システム/ツールとを連携してしまえば、自動的にデータが統合されるので、施策や分析をするたびに都度、煩雑な作業をする必要がなくなるため、工数を削減することが可能です。

また、統合されたデータを活用することで、「KPIの改善」が可能なこともツール導入のメリットです。各システム/ツールのデータが統合されることで、性別/年齢/居住地などの属性データや、メールの開封有無/商品の購入有無/サイトの訪問有無というような行動データを掛け合わせることで、顧客一人ひとりのニーズをより精緻に把握することができ、それに応じた施策を実施することが可能です。

例えば、ECサイトにおいて一度商品を購入したことのある男性に2回目購入を促す際に、男性向けのおすすめ商品を一斉送信で案内するよりも、顧客ごとの1回目の購入商品カテゴリや、サイトの閲覧履歴をもとにおすすめ商品を案内するほうが購買に至る確率は高まります。このように、複数のデータを掛け合わせることで、顧客のニーズを捉え、KPIの改善に役立てることが可能です。

2-2. CDP導入のデメリット

●デメリット
 ・個人情報保護対策を徹底する必要がある
 ・自社構築が難しい
 ・自社に合うものを見つけることが難しい

一方、デメリットはCDPで収集した顧客情報の管理を徹底し、適切な個人情報保護対策を行う必要があることです。収集するデータ量が増えるのでセキュリティを厳格にするほか、CDP担当となる従業員の個人情報保護に関する教育を徹底するといった工夫が必要です。

また、CDPを自社構築するのは困難なケースが多いため、ベンダーやコンサルに依頼する必要がある点や、数あるCDPのなかから自社に合ったものを探すことが難しい点も、デメリットといえるでしょう。

3. CDPと他ツールとの違い

CDP以外にも、顧客情報の収集/蓄積を行うことができるツールがあります。たとえば、DMPやMA、DWH、CRMが挙げられるでしょう。こちらではCDPと各ツールの違いについて比較します。

3-1. CDPとDMPとの違い

CDPと比較されることが多いものに「DMP」があります。DMPは「Data Management Platform(データマネジメントプラットフォーム)」の略で、自社サイトのほか、他社サイトなどの情報を個人を特定しない形で収集するものです。DMPにはパブリックDMP(オープンDMP)とプライベートDMPがあります。

3-1-1. パブリックDMPとの違い

パブリックDMPはオープンDMPとも呼ばれています。こちらは他社が運営するサイトの情報を収集することが可能です。パブリックDMPで取得可能なデータは、3rd Party(サードパーティ)データと呼ばれる匿名の顧客データで、Cookie、デバイス、IPアドレスなどのデータで構成されています。そのため、個人を特定した情報収集は難しいという特徴があり、その点がCDPと全く違う点です。具体的に取得可能なデータとしては、他社サイトの閲覧履歴、年齢や性別、検索エンジン上での検索履歴などが挙げられます。

不特定多数の情報を収集/分析するため、特に新規顧客を獲得したいときに広告運用などに活用するケースが多いです。

3-1-2. プライベートDMPとの違い

プライベートDMPはパブリックDMP(オープンDMP)と違い、自社で収集したデータを収集/蓄積するプラットフォームです。その点、CDPとプライベートDMPはほぼ同義と言われています。

しかし、強いて違いを挙げるとすれば、分析できる単位が異なります。CDPは、各顧客の情報にデータが紐づけられているため、過去の購買/行動履歴をもとに顧客単位での1 to 1の施策や分析が可能です。一方で、プライベートDMPは、属性単位でデータを扱うことが一般的で、特定のカテゴリに当てはまる顧客を対象に施策を打つというような、広告配信での活用等に適しています。

3-2. CDPとMAとの違い

MA(マーケティングオートメーション)は、前もって決めた条件(シナリオ)に応じてメールなどの「施策を行うためのツール」です。そのため、データを収集/蓄積するCDPとは導入/活用の目的が全く異なります。メールの配信履歴、メールの開封/クリック/フォームの入力などの施策を実施する上で取得可能なデータは蓄積可能ですが、それ以外のデータを蓄積することは不可能です。そのため、CDPとMAを同時に導入し、CDPで蓄積されたデータをMAに連携して、セグメントの細かい施策を実施するという活用方法が一般的です。

3-3. CDPとDWHとの違い

DWHは「Data Ware House(データウェアハウス)」の頭文字をとったもので、さまざまな情報を収集し、それを時系列順に管理/蓄積することができます。主な役割はデータ収集したものを統合することなので、顧客情報の一元化が可能です。その点においてはCDPに非常に近いですが、あくまでも情報の統合/蓄積のみが目的のツールです。そのため、DWHに格納されたデータを分析するにはSQLなどの知識が必要だったり、MAなどのツールとの連携は不可能です。

一方で、CDPは、MAやBI、web接客などの活用ツールに連携することが可能なため、収集/蓄積だけでなく活用を前提としたツールと言えます。

3-4. CDPとCRMとの違い

CRMは「Customer Relationship Management(カスタマーリレーションシップマネジメント)」の略で、自社の既存顧客の情報収集を行い、的確な情報提供や商品/サービスの開発などに活用されます。CDPは既存顧客に限らず、見込み顧客を含めた幅広い情報を取り扱うため、この点が異なります。また、CRMはツールとしてではなく、顧客関係を管理する手法を指す場合もあります。

また、機能面については、CRMは特にメール配信機能に特化していますが、ほかのさまざまなツールと連携することは得意としていません。CDPはあらかじめほかのツールと連携することを考慮した設計になっています。どのように活用したいのかにもよりますが、幅広い顧客の情報を取り扱うのであればCDPのほうが便利でしょう。

 

4. CDPベンダー/ツールを選ぶ観点

CDPベンダー/ツールを選ぶ際には、それぞれの特徴を比較したうえで自社に合ったものを選びましょう。CDPはプラットフォームによって特化しているものが異なり、リアルタイムの情報を得意とするもの、外部システム/ツールとの連携がしやすいものなどが挙げられます。CDPであればなんでも良いというわけではなく、自社が保有しているデータや、実施しているマーケティング施策など、目的に応じて選定するべきです。

5. おすすめのCDPベンダー/ツール

こちらでは、おすすめのCDPベンダー/ツールを紹介します。

1. INTEGRAL-CORE / 株式会社EVERRISE

「INTEGRAL-CORE」ははさまざまな顧客情報をリアルタイムで統合することができる「リアルタイム性」が特徴です。情報収集は常にリアルタイムで行っているので、いつでも新しい情報を知ることができます。そのため、狙い通りの相手に、最適なチャネルで、最適なタイミングで、正しいメッセージを送ることが可能です。マルチテナント機能があるため、自社だけではなく、グループ会社と連携しての導入をするのも良いでしょう。

2. Tealium Universal Data Hub / Tealium Japan株式会社

「Tealium Universal Data Hub」もさまざまな顧客情報をリアルタイムで統合することができる「リアルタイム性」が特徴です。情報量が多く、頻繁に更新されているサイトや競合他社が多い企業などに向いているものになっています。活用の場としては期間限定で混雑するようなサイトや予約サイトなどが挙げられるでしょう。

3. Treasure Data CDP / トレジャーデータ株式会社

「Treasure Data CDP」は大量データの処理や、外部システム/ツールとの連携しやすい点が特徴です。グローバルで導入されているCDPで、国内外で多くの導入実績があります。大量で複雑なデータ処理にも対応でき、利用状況によっては価格が高めになることもありますが、外部システム/ツールとの連携コネクタも豊富で、柔軟な実装が可能です。

4. b→dash / 株式会社データX

「b→dash」はCDP以外のツール機能の豊富さが特徴です。一般的に、CDPはMAやBI、web接客などの外部ツールを導入/連携しないと施策や分析を実施できないですが、b→dashはデータマーケティングに必要な機能を網羅しているので、複数ツールを導入して連携する必要がなく、b→dash1つでデータの収集/蓄積から活用が可能です。また、一般的にはCDP内のデータを扱ったり、ツール連携するにはSQLが必要ですが、b→dashはSQLが不要でノーコードでデータの準備から活用が可能でと言う点も、他のCDPツールと大きく異なる点です。

6. まとめ

さまざまな顧客情報を収集するツールはありますが、幅広い情報を収集/統合し、施策や分析にまで活かすことができるCDPはより1 to 1マーケティングを実現するうえで必要不可欠なツールです。さまざまなCDPツールがあるので、自社の目的に合ったものを選びましょう。

[参考記事]
CDPとDMP,MAの違いは?
CDP構築・導入で失敗しない!主な流れと手順・注意点
マーケティングツールとは?

Editor Profile

  • Marketics 編集部

    ユーザーデータ・広告データ・購買データなど、マーケティングプロセス上に存在する全てのビジネスデータを、 ノーコードで、一元的に取得・統合・活用・分析することが可能なSaaS型データマーケティングプラットフォーム「b→dash」が運営する マーケティングメディア「Marketics」の編集部。インタビュー記事やノウハウ記事を定期的に発信しています。

Category
Tag