顧客のデータを活用して顧客一人ひとりに最適なコミュニケーションをするためには、自社に合った顧客管理システムを導入する必要があります。そのような背景から、現在企業から注目されているのが「CDP」です。ただ、CDPという言葉は聞いたことがあっても、どういうものなのかについてはよくわからない人も多いのではないでしょうか。特に、DMP、DWH、MAなど、CDPと混同されてしまうツールも多いため、本記事ではCDPの仕組みや特徴といった詳細に加えて、DMPやMAとの違いについて解説します。

 

  1. 1. CDP(カスタマーデータプラットフォーム)とは?

1-1. CDPの特長

CDPとは「Customer Data Platform(カスタマーデータプラットフォーム)と」の略で、顧客それぞれの属性/行動といったデータを収集/統合することが可能です。インターネットに接続するための方法はPCのみという時代から、スマホやタブレットなどのデバイスが一般的な時代になり、より顧客に関するデータが多様化しているという背景から、それらのデータを一元管理したいという企業のニーズに答える形で誕生したツールです。

CDPによって収集可能なデータは、自社と顧客が直接関わって得られるものです。例えば、氏名や住所などの個人情報が挙げられ、これらは「1st Party(ファーストパーティ)データ」と呼ばれています。CDPはこれらのデータ以外にも、店舗やECでの購買データ、自社サイトへのアクセスログデータや、アプリのデータなども統合することが可能です。

1-2. CDPができること

CDPができることは主に3つ、データの「収集」「統合」「分析」です。

まず、収集に関しては、CDPは自社の基幹システムや、運営しているサイト、カートシステム、MAやweb接客などの施策ツールとの連携を前提としているツールであるため、それらのシステム/ツールと連携をすることで、データを収集することが可能です。

その収集したデータを、顧客IDを元に一元管理をするのが統合です。データを収集したただけでは、各データが顧客単位で紐付いていないので、顧客を軸に収集してきたデータを紐付けていきます。そうすることで、1人の顧客の氏名や性別などの属性データに加え、過去のメールの開封履歴や、商品の購買履歴、サイトのアクセス履歴など、顧客に関する様々なデータを一元管理することができます。

それらのデータを元に、様々な観点で分析を行うことで、顧客が求める商品/サービスの開発を的確に行い、マーケティングにおいて施策効果を高めることも可能です。

1-3. CDP導入/構築の目的

CDPを導入する目的は企業によってさまざまですが、一般的には顧客データの一元管理による工数の削減とKPIの改善が一般的です。

CDPが登場する以前は、基幹システムのデータ、自社サイトのデータ、カートシステムのデータ、MAなどのツールのデータなど、複数のデータを一元化するためには、それぞれのツールからCSV等でデータを落として、Excelで統合するというような作業が発生してしまい、膨大な工数が発生してしまっていました。しかし、CDPを導入し、一度各システム/ツールとを連携してしまえば、自動的にデータが統合されるので、施策や分析をするたびに都度、煩雑な作業をする必要がなくなるため、工数を削減することが可能です。

また、統合されたデータを活用することで、KPIを改善することも可能です。各システム/ツールのデータが統合されることで、性別/年齢/居住地などの属性データや、メールの開封有無/商品の購入有無/サイトの訪問有無というような行動データが掛け合わされるので、顧客一人ひとりのニーズをより精緻に把握することができ、それに応じた施策を実施することが可能です。

2. CDPとDMPとの違い

CDPと比較されることが多いものに「DMP」があります。DMPは「Data Management Platform(データマネジメントプラットフォーム)」の略で、DMPにはパブリックDMP(オープンDMP)とプライベートDMPがあります。

[参考記事]
DMPとは?CDPとの違いやプライベートとオープンの違いは?

2-1. パブリックDMPとの違い

● パブリックDMP
 ・特徴:3rd Partyデータと呼ばれる匿名の顧客データを蓄積、オンライン広告に活用されるのが一般的
 ・情報の収集経路:他社サイト

パブリックDMPはオープンDMPとも呼ばれています。こちらは他社が運営するサイトの情報を収集することが可能です。パブリックDMPで取得可能なデータは、3rd Party(サードパーティ)データと呼ばれる匿名の顧客データで、Cookie、デバイス、IPアドレスなどのデータで構成されています。そのため、個人を特定した情報収集は難しいという特徴があり、その点がCDPと全く違う点です。具体的に取得可能なデータとしては、他社サイトの閲覧履歴、年齢や性別、検索エンジン上での検索履歴などが挙げられます。

不特定多数の情報を収集/分析するため、特に新規顧客を獲得したいときに広告運用などに活用するケースが多いです。

2-2. プライベートDMPとの違い

● プライベートDMP
 ・特徴:CDPとほぼ同義だが、顧客単位ではなく属性単位でデータを扱うことが一般的
 ・情報の収集経路:自社のシステムやツール

プライベートDMPはパブリックDMP(オープンDMP)と違い、自社で収集したデータを収集/蓄積するプラットフォームです。その点、CDPとプライベートDMPはほぼ同義と言われることが多いです。

しかし、強いて違いを挙げるとすれば、分析できる単位が異なります。CDPは、各顧客の情報にデータが紐づけられているため、過去の購買/行動履歴をもとに顧客単位での1 to 1の施策や分析が可能です。一方で、プライベートDMPは、属性単位でデータを扱うことが一般的で、特定のカテゴリに当てはまる顧客を対象に施策を打つというような、広告配信への活用等に適しています。 

3. CDPとMAの違い

● MA
 ・特徴:CDP内のデータを元にメール配信などの施策をするためのツール、施策の結果などを蓄積することは可能
 ・情報の収集経路:MA経由での配信メールや作成したフォーム

MA(マーケティングオートメーション)は、前もって決めた条件(シナリオ)に応じてメールなどの「施策を行うためのツール」です。そのため、データを収集/蓄積するCDPとは導入/活用の目的が全く異なります。メールの配信履歴、メールの開封/クリック/フォームの入力などの、MAで施策を実施する上で取得可能なデータは蓄積可能ですが、それ以外のデータを蓄積することは不可能です。そのため、CDPとMAを同時に導入し、CDPで蓄積されたデータをMAに連携して、セグメントの細かい施策を実施するという活用方法が一般的です。

4. CDPとDWHの違い

● DWH
 ・特徴:CDPと違い、データを収集/蓄積することのみを目的としており、DWHのみでは施策や分析をすることはできない
 ・情報の収集経路:自社のシステムやツール

DWHは「Data Ware House(データウェアハウス)」の頭文字をとったもので、さまざまな情報を収集し、それを時系列順に管理/蓄積することができます。主な役割はデータ収集したものを統合することなので、顧客情報の一元化が可能です。その点においてはCDPに非常に近いですが、あくまでも情報の収集/蓄積のみが目的のツールです。そのため、DWHに格納されたデータを分析するにはSQLなどの知識が必要だったり、MAなどのツールとの連携は不可能です。

一方で、CDPは、MAやBI、web接客などの活用ツールに連携することが可能なため、収集/蓄積だけでなく活用を前提としたツールと言えます。

5. CDPの導入/構築における課題と注意点

5-1. 目的の明確化

CDPを導入する際には「導入する目的」を明確にしておくことが重要で。闇雲にデータを収集/統合したとしても、そのデータをもとに施策や分析など「何をやるのか」、その施策や分析をやることで「何の効果を期待するのか」を明確にしていなければ、ただのデータが溜まっている箱と化してしまいます。事前に、どんなデータを元にどんな施策や分析を実施して、何の効果を期待するかを明確にしておきましょう。

5-2. 導入/運用プロジェクトの組成

CDPは様々なシステムやツールのデータを連携することが可能であるため、その分ステークホルダーも多岐に渡ります。そのため、マーケティング部門だけでなく、情報システム部門、経営企画部、各事業部など、さまざまな部署が連携して導入/運用する必要があります。各部署からメンバーを募り、部署の垣根をなくしたチームを作ってCDP導入/運用をプロジェクトとして進めましょう。

5-3. 導入後の運用体制の構築

CDPツールは導入して終わり、というわけではなく、中長期的に見直し、改善を繰り返す必要があるので、導入後の運用体制や、PDCAを回すための体制を整えておく必要があります。たとえば、新しくデータを連携する際に誰が作業するのか、CDPのデータを使って、誰が、いつ、どうやって施策や分析を実施するのか、など運用体制を明確にしておくべきです。

6. まとめ

CDPは「情報収集」という広義な意味ではDMPやDWHと同じですが、収集/蓄積するデータや、そのデータの活用の目的は全く異なります。実施したい目的に合わせて、適切なツールを導入しましょう。

[参考記事]
CDP構築・導入で失敗しない!主な流れと手順・注意点
CDPの比較!ベンダー/ツールはどう選ぶ?

Editor Profile

  • Marketics 編集部

    ユーザーデータ・広告データ・購買データなど、マーケティングプロセス上に存在する全てのビジネスデータを、 ノーコードで、一元的に取得・統合・活用・分析することが可能なSaaS型データマーケティングプラットフォーム「b→dash」が運営する マーケティングメディア「Marketics」の編集部。インタビュー記事やノウハウ記事を定期的に発信しています。

Category
Tag

弊社が提供しているマーケティングツール『b→dash』は、マーケティングプロセス上に 存在する全てのビジネスデータを、ノーコードで、一元的に取得・統合・活用・分析する ことが可能なSaaS型データマーケティングプラットフォームであり、BtoC業界を中心に、様々な業種・業態のお客様にご導入頂いております。