メルマガは配信することがゴールではありません。受け取った人がそれを開封し、内容をチェックし、配信者側の意図する行動をとってもらうことが目的です。いわゆるコンバージョン率(CVR)の向上を狙う必要があります。では、実際にCVRを向上させるメルマガとはどのようなものなのでしょうか。この記事では主にデザインに焦点を当て、CVR向上に効果的なメルマガの基本や特徴を解説します。

 

1. デザインを工夫してメルマガ施策を改善しよう!

商品同様、メルマガもデザインが消費者や顧客の行動を決めることがあります。CVR(CV数 ÷ 配信数)の向上等の目的を達成するには、デザインの工夫が欠かせません。そこで、メルマガのどのような点を改善できるのかを紹介していきます。

1-1. よりよいメルマガ配信とは?

よいメルマガは、配信者の目的を達成できるメルマガです。まさにCVRの高いメルマガといえるでしょう。CVRを高めるためには、読者にストレスを与えてはいけません。そのうえで読者の印象に残ることが、よいメルマガ配信の条件となります。よいメルマガの条件はデザインを工夫することでクリアできるケースが少なくありません。言い換えれば、デザイン性の高いメルマガへと仕上げることで、よりよいメルマガ配信とすることができます

1-2. HTMLメールでデザインを工夫しよう

メルマガは文字のみで構成されたテキスト形式と、画像や動画などを組み合わせて構成されたHTML形式とに分けられます。テキスト形式はHTML形式のような高いデザイン性は実現できません。よりよいメルマガ配信を行い、CVRを高めることに重きをおくのであれば、効果測定もしやすいHTML形式のメルマガを取り入れる必要があります。視覚的な効果を狙えるため、文字を読み慣れていない人や、重要なメールでなければ最後まで目を通さない人にも興味を持ってもらいやすくなるでしょう。また、文字のみでは伝えることが難しい情報、特に感情や感覚といった抽象的な情報も伝えやすくなります。さまざまな層へと効果的にアプローチできる点もHTML形式でデザインを整えるメリットです。

2. HTMLの基本!開封されるメルマガ配信のコツ

前提として、メルマガ配信は、配信数→開封数→クリック数→CV数というようなプロセスに分かれます。そのため、いくらデザイン性の高いHTMLメールを配信しても、開封されなければ意味がありません。中身を見てもらって、はじめてHTMLの特性を活かすことができます。では、開封されるメルマガを作るためには何を意識すべきなのでしょうか?ポイントやコツを解説していきます。

2-1. 配信時刻の工夫

内容が同じメルマガでも、配信時刻によって開封率が異なることがあります。ターゲットによって配信時刻を工夫しなければいけません。例えば、読者がビジネスマンであれば、出勤時やランチタイム、帰宅後にメールのチェックをする人が多いでしょう。学生も同様ですが、年齢や部活などの活動状況、長期休暇中などによってメールを確認するタイミングが異なります。主婦はビジネスマンや学生と異なり、昼過ぎから夕食までの間にメールをチェックする人が多いのではないでしょうか。他のメールに埋もれることの少ないタイミングに配信できれば開封率が高まり、CVRの向上にもつながります

2-2.メールの件名の工夫

メルマガの件名は開封率にかかわる重要な要素です。読者が求めているもの、興味や関心を引かれる文言がタイトルに含まれている必要があります。特に、お得な情報や読者の抱える課題の解決方法などが含まれていると読まれやすくなるでしょう。重要な内容はタイトルの最初の方に数字を盛り込むことで具体性が上がり認識もしやすくなるため効果的です。独自性も欠かせません。ありきたりなタイトルでは、その他のメルマガと差別化されず開封してもらえない可能性が高まります。ターゲットに寄り添い、かつメルマガの内容や情報がある程度キャッチできるわかりやすいタイトルになるよう工夫しましょう。注意すべき点は、件名の長さです。メーラーによっては表示される件名の文字数が決まっているので、色々な要素を詰め込んで長い件名を作っても全て見られる可能性は下がってしまいます。

3. 初見で離脱されない、読まれるメルマガの特徴は?

CVR向上にはメルマガを最後まで読んでもらうことが必要不可欠です。離脱されないメルマガは、読むことに疲れを感じさせないという特徴をもっています。文字が小さく、かつ敷き詰められていれば、読む前に離脱されてしまうでしょう。HTML形式の特性を活かし、最小限の文字数でイラストや画像などを交えながら構成します。開いてすぐに要点がわかることも重要です。要点がすぐにわからなければ、最後まで読まれずに離脱されてしまうでしょう。

また、具体的なデータや事例などを用いたり、難しい言葉や表現を控えることもポイントです。伝えたいことを詰め込みすぎて、ごちゃごちゃしてしまうことも避けましょう。タイトル同様にわかりやすさや伝わりやすさは、読まれるメルマガにも不可欠な要素です。

4. メルマガのデザインのポイントは?

メルマガのデザインのポイントの一つは配色です。重要な部分を目立たせるよう色を工夫します。通常メルマガ内には重要な点やメッセージなどが複数盛り込まれますが、使用する色の数を3〜4色程度に制限することもコツの一つです。色が多すぎると目が疲れたり、意識すべき箇所が定まらなかったりするので色数には注意しましょう。また、色の組み合わせも重要です。相性の悪い色の組み合わせは、ときに読者に不快感を与えるので避けなければいけません。

画像やイラストのバランスにも注意しましょう。色と同じで画像やイラストを使いすぎるとしつこさが出てしまいます。軸となる画像やイラストを大きめに配置するデザインを目指すと良いです。可能な限り、画像やイラストの内容・テイストはターゲットによって変更します。また、CVR向上に欠かせないCTAボタンも認識しやすいようデザインし、適度に配置します。これらのデザインを複数のデバイスで読みやすいようレスポンシブデザインに対応させることも重要です。

5. ABテストで成果につながるメルマガデザインを見つけよう

配信者が納得できるデザインのメルマガを作り上げたとしても、CVRが実際に上がらなければ意味がありません。CVR向上のためには、ABテストの実施が必要です。2つのデザインのメルマガを用意し、配信先を2つに分けて送信し開封率やCVRなどの反応をみるものがABテストです。これを繰り返すことにより、CVR向上に寄与するデザインの要素や構成をつかむことができます。ポイントは、ほぼ同じデザインで変更箇所を限定した2つのメルマガを用意することです。まったく異なるデザインや複数箇所を変更したものを使用すると、開封率やCVRを向上させた要因を判断しづらくなります。タイトルも含めABテストを実施し、より読者に興味をもってもらえるメルマガ配信を目指しましょう。

6. まとめ

メルマガは、ただ配信するだけでは効果は見込めません。開封率やCVRを向上させることが、商品の売上や企業の利益へとつながります。CVR向上に効果的なメルマガを作るにはデザインを重要視していきましょう。同時にタイトルも工夫しなければいけません。HTML形式で読みやすくわかりやすいデザインを採用し、タイトルとともにABテストを繰り返しながら最良のメルマガを目指しましょう

Editor Profile

  • Marketics 編集部

    ユーザーデータ・広告データ・購買データなど、マーケティングプロセス上に存在する全てのビジネスデータを、 ノーコードで、一元的に取得・統合・活用・分析することが可能なSaaS型データマーケティングプラットフォーム「b→dash」が運営する マーケティングメディア「Marketics」の編集部。インタビュー記事やノウハウ記事を定期的に発信しています。

Category
Tag

弊社が提供しているマーケティングツール『b→dash』は、マーケティングプロセス上に 存在する全てのビジネスデータを、ノーコードで、一元的に取得・統合・活用・分析する ことが可能なSaaS型データマーケティングプラットフォームであり、BtoC業界を中心に、様々な業種・業態のお客様にご導入頂いております。