b→dash MA

b→dashに取り込んだデータを活用し
顧客に適切なチャネルでアプローチ

application

b→dash MAのアプリ

  • メール・MA
    ユーザーの属性や行動に応じて最適なタイミングで最適なコンテンツを送付可能
  • LINE連携
    ユーザーの属性や行動に応じて、サイト上でポップアップを表示することが可能
  • Push通知
    ユーザーの属性や行動に応じて、アプリのプッシュ通知を送信可能
  • SMS配信
    ユーザーの属性や行動に応じて、SMSを配信することが可能
feature

b→dash MA 3つの特長

feature 01

データの一元管理により
顧客属性や行動に合わせた
One to Oneアプローチができる

b→dashでデータを一元管理できるため、多様なデータから任意の条件に沿った顧客情報の抽出や、それらを用いた施策の実施が可能

feature 02

デザインのカスタマイズや
データの挿入も
ノーコードで簡単にできる

写真やリンクの挿入、色の変更といったデザインのカスタマイズはもちろん、b→dashにアップロードしたデータの挿入や条件分岐などを、コードを書かずに画面操作のみで実現

feature 03

メール/LINE/SMSなどを
掛け合わせた
クロスチャネルでの配信ができる

セグメントで抽出した顧客に対して、直感的な操作で複数チャネルを跨いだ施策が実施でき、顧客1人1人に合わせたコミュニケーションを実現

function

詳細機能

  • GUIでのコンテンツ作成
    GUIで簡単にメールコンテンツを作成できる
  • HTML/テキストメール作成
    HTMLメール/テキストメールの両方が作成できる
  • コンテンツテンプレート
    豊富なテンプレートを活用しメールコンテンツを作成できる
  • 要素の差し込み
    リンク/日付/レコメンド/データ/定型文/条件分岐などを差し込むことができる
  • 短縮URLの差し込み
    短縮URLの作成および、コンテンツへの差し込みができる
  • ステップ配信
    あらかじめ用意しておいた内容/タイミング/期間でメールを配信できる
  • マルチパート配信
    ユーザーの環境に合わせてHTML/テキストメールを出し分けることができる
  • SPF/DKIM認証
    SPF/DKIM認証を行うことで、メールのなりすましを防ぐことができる
  • 施策成果の可視化
    施策ごとに配信/開封/クリック/CVの成果をレポートで確認できる
  • パラメータ設定
    登録したURLに対してパラメータを自動付与できる
  • LINE ID取得
    「ファイル連携」または「タグで取得」のどちらかを用いることでLINE IDを取得できる
  • GUIでのコンテンツ作成
    GUIで簡単にLINEコンテンツを作成できる
  • コンテンツテンプレート
    豊富なテンプレートを活用しLINEコンテンツを作成できる
  • Flex Messageの作成
    通常のメッセージだけでなく、Flex Message(バブル/カルーセル)を作成/配信できる
  • リッチメニューの作成
    LINEリッチメニューを作成し、LINE公式アカウントのトーク画面に表示できる
  • 要素の差し込み
    絵文字やデータ、短縮URLなどの要素を差し込める
  • 施策成果の可視化
    施策ごとに配信/クリック/CVの成果をレポートで確認できる
  • パラメータ設定
    登録したURLに対してパラメータを自動付与できる
  • GUIでのコンテンツ作成
    GUIで簡単にPush通知コンテンツを作成できる
  • 要素の差し込み
    画像やデータなどの要素を差し込める
  • 施策成果の可視化
    施策ごとに配信/開封/CVの成果をレポートで確認できる
  • カスタムペイロード設定
    タイトル/本文をJSONデータとして作成し、スマホアプリに連携できる
  • GUIでのコンテンツ作成
    GUIで簡単にSMSコンテンツを作成できる
  • 要素の差し込み
    定型文やデータ、短縮URLなどの要素を差し込める
  • 施策成果の可視化
    施策ごとに配信/クリック/CVの成果をレポートで確認できる
  • 長文オプション
    最大660文字までのメッセージを作成できる
  • パラメータ設定
    登録したURLに対してパラメータを自動付与できる

その他の機能はこちら

  • データパレット
    GUI上で、誰でもデータの『取込/加工/統合/抽出/活用』を実施でき、CDPの構築を可能に
  • BI
    広告/アクセスログ/ビジネスデータを組み合わせて分析可能
  • カスタマーウォッチ
    一人一人の顧客に対して行動ログを管理し検索することが可能
  • レコメンド
    最適なアルゴリズムを選択し、コンテンツ/メールにおいて、レコメンドを使用することが可能
  • web接客
    ユーザーの属性や行動に応じて、サイト上でポップアップを表示することが可能
  • CMS
    お問い合わせ/予約フォームなど必要なフォームを作成し、取得したデータを活用可能