誰でもできる

ノープラグラミングで誰でも自由に、
簡単にデータをGUIで扱える

ひとつにできる

統合基盤により、
データの集約・連携をひとつに実現

選んでできる

使いたい機能を選んでカスタマイズし、
必要なタイミングで拡張もできる

b→dashの特長

特長 01

業界初のテクノロジー『Data Palette』で
ノープログラミングでCDPを構築

b→dashの『Data Palette』があれば、SQLやPythonなどの専門スキルがないマーケターでも、GUI操作で自由に、簡単にデータを扱うことができるようになります。CDPを構築するためにかかっていた数百時間の工数が、数時間で完了できるようになります。

特長 02

『b→dash CDP』でデータの取込・変換を一本化

『b→dash CDP(データ統合基盤)』によって、企業が保有する顧客情報、Web・広告データ、購買情報など、マーケティングプロセス上に存在する全てのビジネスデータをb→dashに集約・連携できるようになります。これらのデータをもとに、一人ひとりに最適化されたOne to Oneのコミュニケーションが実現できます。

特長 03

使いたい機能を自由にカスタマイズして
必要なタイミングで拡張できる

b→dashはMAだけでなく、CDPやBI、Web接客やアプリPUSHなど、データマーケティングに必要な機能を幅広く網羅しています。お客様のニーズに合わせて、機能を1つから選ぶことができ、必要になったタイミングで機能を拡張することができます。

導入事例

b→dashをご利用いただいてるお客様の声をご紹介

全社員が同じデータにアクセスできる
環境ができたため、
同じデータを基に
議論を進められるのはすごく助かります。

セブンネットショッピング

データ連携に都度コストが発生することも
なく、
時間もコストも抑えながら
データ活用ができる
というところに
魅力を感じました。

阪急阪神百貨店

b→dash導入前は、2日かかっていた
分析レポートの作成工数が、
ほぼ0時間になりました。

キリン

b→dashを使うことで、1カ月前後
かかっていた
メール配信は
最短2日になり、開封率・クリック率も
200%以上向上しました。

クレディセゾン

その他導入企業