2018年 5月 25日 #プレスリリース

フロムスクラッチと、NTTデータが、 電気事業者向けデジタルマーケティングおよびデータ活用支援で協業

株式会社フロムスクラッチ(本社:東京都新宿区、代表取締役:安部 泰洋、以下:フロムスクラッチ)と株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男、以下:NTTデータ)は、2018年5月25日より、小売電気事業者に向けたデジタルマーケティングおよびデータ活用支援において協業することで合意しました。

本協業では、フロムスクラッチのマーケティングプラットフォーム「b→dash」を活用したデータ・デジタルマーケティングによる企業の経営改革の支援、ならびにNTTデータの提供する電気事業者向けクラウドサービス「ECONO-CREA」との機能連携による、データ活用支援を行います。

 本協業により、より多くの企業でデータ活用経営が促進され、インフラ業界のデジタルシフト推進の足掛かりとして電力業界の変革が促進されます。
今後も両社は、技術・ナレッジを生かし、データ連携や新機能提供の拡張を通じて、企業のマーケティング・ビジネス改革はもちろん、データを活用した労働生産性の向上に寄与していきます。

【背景】
現在、電力小売完全自由化により競争環境が激化する中、電気事業者は、電力提供に加えて市場ニーズを捉えた付加価値サービスの提供が求められており、需要家傾向分析や需要分析等が課題となっています。

これまで、フロムスクラッチでは、「b→dash」を通じて、お客さまのビッグデータ活用を支援し、収益拡大に貢献しています。また、NTTデータは、電気事業者向けに、業界の垣根を越えた異業種連携のプラットフォームとして、クラウドサービス「ECONO-CREA」を提供しています。

このたび両社は、電気事業者の収益拡大に貢献するため、データ活用およびデジタルマーケティングを推進するサービスを2018年5月25日より提供することとなりました。

【概要】
今回の協業では電気事業者向けに、下記のサービスの提供を行います。

デジタルマーケティング支援・・・「b→dash」を導入することにより、企業が保有するユーザーデータや広告データ、購買データなどすべてのデータの取得、統合、施策の実施、分析までのデータ活用を1つのプラットフォームで実現させることが可能です。新しいビジネスモデルに変化し、競争が激化する中で、電気事業者はこれまでできていなかったビッグデータを活用したOne to Oneマーケティングが可能になります。さらに、今後「ECONO-CREA」が収集・保管するさまざまなデータにより、「b→dash」を活用したデジタルマーケティングの高度化が可能となります。

【各社の役割】
・フロムスクラッチ・・・「b→dash」の提供、導入企業がデータ活用経営を実現させるためのデジタルマーケティング促進支援
・NTTデータ・・・「ECONO-CREA」を通じた「b→dash」の販売、「b→dash」(サービスプロバイダー)への各種データ連携

【今後について】
今後フロムスクラッチは、データ統合基盤や処理エンジンの開発強化に加え、「b→dash」に蓄積された膨大なマーケティングデータに機械学習をはじめとする人工知能技術を活用することで、マーケティングテクノロジー領域における新たなソリューションを開発予定です。NTTデータは、今後も多くのサービスプロバイダーと連携しサービスを拡充し、小売電気事業者のビジネス拡大に貢献していく予定です。フロムスクラッチとNTTデータは、企業のマーケティング・ビジネス改革はもちろん、データを活用した労働生産性の向上に寄与していきます。

【参考】

■ECONO-CREAについて
NTTデータが提供する「ECONO-CREA」は、電力ビジネスに必要な機能を一元的に提供するアプリケーションプラットフォームです。電力小売全面自由化に対応し、電力小売事業に必要な顧客管理・料金計算・需給管理等のアプリケーションをクラウドで提供します。事業規模に応じたメニューや従量料金制により、コスト低減・早期導入に寄与し、事業戦略のコンサルティングや各種BPO、さらに新サービスの創出支援までトータルにサポートします。
「ECONO-CREA」Webページ:https://www.econo-crea.jp/

最新の投稿

マーケティングに
必要なすべてを
b→dashで。