大手カラオケチェーン「レストランカラオケ・シダックス」を展開するシダックスグループ「b→dash」を導入 ~アプリとメールをはじめとしたクロスチャネルによるOne to Oneコミュニケーションの実現へ~

 シダックスグループのデジタルマーケティングを支援するエス・アイテックス株式会社
(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:保永茂樹)は、レストランカラオケ事業におけるデータの統合・基盤構築、
そしてビッグデータを活用したOne to Oneマーケティングの実現のため、株式会社フロムスクラッチ
(本社:東京都新宿区/代表取締役:安部泰洋、以降 フロムスクラッチ)が開発・提供する
マーケティングプラットフォーム「b→dash(ビーダッシュ)」の導入を開始いたしましたので発表いたします。

 

【マーケティングプラットフォーム「b→dash」導入前の課題】

 国内大手のカラオケチェーン「レストランカラオケ・シダックス」は約960万人の“ケータイ会員”を保有しており、
そのデータを活用しデジタルマーケティングに注力しようと考えていたものの、メールは店舗ごとの一斉配信しかできておらず、
顧客ごとにあったサービスを最適なデバイスで、適切なタイミングでアプローチが出来ていませんでした。
また、前述のOne to Oneマーケティングを実現しようとするとデータの連携・統合が必要になり、工数が膨大にかかってしまうため
リソース不足により実現することは困難でした。これらの問題により、
既存顧客への適切なアプローチが出来ていないという課題がありました。

 

【今後の展望】

 マーケティングプラットフォーム「b→dash」の導入により、これまで分散していた大量のビッグデータを
一元的に取得・統合・活用できるようになります。また、以前よりエス・アイテックス社が活用していた
アイリッジ社のスマートフォン向け位置連動型プッシュ通知ツール「popinfo」と「b→dash」を連携させることにより、
来店状況、開封状況、位置情報等の取得したビジネスデータを「b→dash」で紐付けることができるため、
時間や場所などのより詳細なセグメントに設計したクーポンメールを自動配信するなど、アプリとメールでの
クロスチャネルマーケティングが実現します。「b→dash」の導入で細かなセグメントが自動で生成されることにより、
顧客の興味や行動に基づいた施策が実施できるため、ビッグデータを活用したOne to Oneマーケティングが可能になります。
同業界において、マーケティングプラットフォームを活用したOne to Oneマーケティング・デジタル化推進は
先進的な取組みであり、成功事例創出を目指して参ります。

 

【シダックス(株)  販促企画部  真中 和彦様 コメント】

 今回「b→dash」の導入を決定した理由は2点あります。1点目は1つのソリューションでデジタルマーケティングに必要な
全ての機能が網羅されていることです。別々のツールを導入して、それぞれ担当者を付ける必要がないため、
人的工数の少ない自社にとっては重要なポイントでした。2点目は誰でも使いこなせるための手厚いサポートです。
導入の際に検討していた他の外資系ツールに比べて、自社で開発、導入、運用サポートまでしている「b→dash」は
運用に乗るイメージがつきました。今後は経営陣が意思決定する際に使用する“ビジネスインフラ”として活用したいと考えています。

マーケティングに
必要なすべてを
b→dashで。