Contents

セミナー内容

チャネル横断戦略でLTV120%向上
2023年最新OMO戦略
売上向上の鍵は「顧客中心主義」にあり!

昨今の企業活動において、お客様中心のアプローチがますます求められるようになってきています。
お客様の要望やニーズに合わせたサービスや商品を提供することはもちろん、ECと実店舗のデータ融合は、このお客様中心のアプローチを実現するためにより重要な手法となっていくでしょう。

例えば、ECで購入した商品を実店舗で受け取れるBOPISの提供や、実店舗スタッフがLINEを通じてOne to Oneに近い接客を取り入れている企業も多く存在します。そのような「顧客中心主義」の活動を加速させようとする際、しばしば発生する課題がデータ活用です。

ECと店舗を横断した顧客体験を実現する上で、
そもそもECと店舗のデータ定義が異なるため、活用しづらい
データがバラバラのシステムに保管されており、活用するためのデータ準備に時間がかかりすぎる
メール・LINE・Web上の接客など、それぞれのチャネルが別々のシステムで管理しているため、顧客に沿ったコミュニケーションが取りづらい
など様々な課題が発生します。

本セミナーでは、EC×店舗チャネルを横断したデータ活用施策でLTV120%を実現した成功事例など、 さらなる事業拡大に向けた「CRM活用・OMO最新事例」について徹底解説いたします。顧客中心のアプローチを実現し、最適な顧客体験を提供するための新たなOMO戦略を一緒に学びましょう!

こんな方におすすめです!

  • EC事業を展開している企業のマーケティング担当者や経営者
  • 実店舗を展開している企業のマーケティング担当者や経営者
  • ECと実店舗の融合を考えている企業のマーケティング担当者や経営者
  • OMOに興味があるマーケティング担当者や経営者
  • CRM戦略に興味があるマーケティング担当者や経営者

Speaker

登壇者

  • 株式会社フューチャーショップ

    取締役

    安原 貴之

    大学卒業後、受託開発を行う企業にエンジニアとして新卒で入社し、上海現地法人の立ち上げのため6年間上海に駐在。帰国後、2011年にフューチャーショップへジョイン。プロダクト開発やアライアンス、セールス、マーケティングなどを担当し、2022年6月に取締役就任。現在はセールスとマーケティングを統括している。

  • 株式会社データX

    Marketing Unit Manager

    江波戸 水紀

    データX入社後、Field Salesでの営業経験を経て、Marketing業務に従事。タクシー広告を中心としたプロモーション施策の企画設計から、Inside Salesの業務効率化、b→dash アライアンスチームの立ち上げなど幅広く業務を担当し、2023年よりMarketing Unit Managerに就任。

アーカイブ視聴お申し込み

必須
必須
必須
(半角数字、ハイフンなし)必須
必須

*メールアドレスに間違いがないか、改めてご確認ください。アドレスの1文字間違いが多く発生しており、ご視聴用URLをお送りできない場合がございます。

プライバシーポリシー
ご入力頂いた情報は、共催各社のプライバシーポリシーに沿って活用させて頂きます。
●個人情報の取扱いについて
1.個人情報は
- 本セミナーの実施に必要なご連絡
- 当社取扱いサービスに関連する各種イベント・セミナーのご案内
- 分析など、各種統計資料の作成
- アンケートなどへのご協力のお願い
に使用いたします。
2.個人情報は2社(株式会社フューチャーショップ、データX)で取扱いさせていただきます。
3.個人情報管理責任者 各社担当
4.第三者への提供は行いません。
5.個人情報は、機密保持契約を締結している協力会社に処理を委託する場合があります。
6.提供した個人情報に関して、開示をお求めの場合は、お問い合わせください。

個人情報の取り扱いに関しては、株式会社フューチャーショップ「情報セキュリティ基本方針」、データX「個人情報の取扱いについて」をお読みいただき、同意のうえお問い合わせください。
...