b→dash

マーケティングツールを導入し、大量のデータを活用をする際に「ツール導入時に作業が多く発生し、運用に乗せるまで想像以上に大変だった」「事前に発生する作業を知っておけば、もっと効率的に進められたのに」といったような悩みにお応えし、マーケティングツールを導入検討される方向けに、「ツール導入後に初めて知るタスク」をまとめております。是非本書をご活用頂き、貴社のデータマーケティング推進の一助になれば幸いです。

index
  • はじめに
  • マーケティングツールを導入する際の流れ
  • 「データ準備」で発生するタスク
  • 要件定義で発生するタスク
  • 設定作業で発生するタスク
※本資料は、マーケティングに関する内容となっています。自社・または他社のマーケティング活動に関わられていない方のダウンロードはご遠慮下さいませ。

必須
ビジネスモデル(選択)必須
必須
必須
(半角数字)必須
※日中繋がりやすい電話番号をご記載ください。
必須
その他ご要望任意
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いに関しては「」をお読みいただき、同意のうえお問い合わせください。

マーケティングツール導入を
検討する人がまず読む本
「導入前に把握しておくべき3つの観点」

近年、データ活用の重要性が盛んに議論されるようになりました。事実、企業のマーケティング担当者の方は、データ取得し、それをうまく活用するために奔走されているかと思います。
そのようなデータマーケティングを成功させたい企業の様々なニーズに応えるべく、データ活用のためのソリューション製品も多岐にわたって登場しています。

市場に出回っているソリューションにおいて共通しているのは「保有するデータをツール側に取り込んで活用をする必要がある」ということです。顧客データや購買データ、その明細データや商品データ、Webのアクセスログデータなど、企業が活用すべきデータは大量に存在します。
そして、先述のマーケティングツールを導入し、その大量のデータを活用をする際に「ツール導入時に作業が多く発生し、運用に乗せるまで想像以上に大変だった」「事前に発生する作業を知っておけば、もっと効率的に進められたのに」といったようなご相談をよく頂きます。

そこで本書では、マーケティングツールの導入を検討される方に向けに「ツール導入後に初めて知るタスク」をまとめております。是非本書をご活用頂き、貴社のデータマーケティング推進の一助になれば幸いです。

本日8名
このeBookをダウンロードしました。