このeBookで学べるポイント
  • CDPの有する3つの機能を徹底解説!
  • 顧客情報を一元化する名寄せの方法を大公開!
※本資料は、マーケティングに関する内容となっています。自社・または他社のマーケティング活動に関わられていない方のダウンロードはご遠慮下さいませ。

必須
必須
ビジネスモデル(選択)必須
必須
(半角入力)必須
必須
その他ご要望任意
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いに関しては「」をお読みいただき、同意のうえお問い合わせください。

CDPの導入を検討している人がまず読む本「データ統合編」

デジタルマーケティングが企業を成長させる中心的な存在になるにつれ、顧客情報管理の方法も大きく変わってきました。テレビや新聞を中心としたマスメディアの時代は、同じ特徴を持った集団、いわゆるセグメントを特定し、その層にリーチするような施策を講じてきたものです。一方で、デジタルマーケティングでは、顧客一人一人に対してアプローチを最適化するOne to Oneマーケティングを目指していきます。

One to Oneマーケティングの概念が有効である点は明らかであるものの、企業の中で実行に移すには、顧客情報が一元的に管理されていないなど、いくつもの障害があります。そこで、近年は顧客情報を一元的に管理するCDP(カスタマーデータプラットフォーム)が開発されました。

CDPは、顧客一人一人を中心にデータを統合したデータベースで、マーケティング部門が必要な情報を抽出できるよう管理・活用するものです。メールアドレス、氏名、生年月日、住所などの個人情報も管理対象とし、人単位の分析を行うのが特徴です。本書では、CDPが求められた背景を振り返った後、CDPの持つべき機能や、顧客情報を一元化する名寄せの方法を紹介します。さらに、CDPを活用したデータ分析の方法について解説しました。多種多様な顧客情報を抱え、その管理に苦慮している企業や、マーケティングを高度化させていきたい企業の担当者の方にご覧いただければ幸いです。

本日14名
このeBookをダウンロードしました。