アプリケーション大全

One to One マーケティング
アプリケーション大全

全ての企業が目指すマーケティングの到達点のうちの一つとして、『One to One』というキーワードが存在します。究極的には、顧客一人一人に対して完全にパーソナライズされたコミュニケーションを行うことが出来れば、顧客体験は最大化されます。ここで導入するべきテクノロジーは一体何になるのでしょうか?

『One to One』実現のためには、ただCRMを導入し、顧客についてのデータベースを整理すれば良いというわけではありません。CRMに格納されない、顧客についてのデータも集積しなければなりません。データはリアルタイムで処理されなければなりませんし、コミュニケーションをパーソナライズする作業も自動化されなければ、顧客の数だけコストがかかってしまいます。

また顧客体験は連続性を伴うものなので、あらゆるコミュニケーションはシナリオとして運用されなければいけません。そしてITサービスの多数化、細分化が進み、顧客とのタッチポイントは日進月歩で増加しています。

『One to One』を実現するために行わなければならないことは多数あります。つまり導入しなければならないテクノロジーも、また多数存在するのです。本書は『One to One マーケティング』実現のために必要なテクノロジー、アプリケーションをまとめました。パーソナライズされた顧客体験を実現したい企業様に向けての必読書となっております。

表示イメージ

One to One マーケティング

アプリケーション大全

このeBookで学べるポイント

  • マーケターなら抑えておくべき、近年注目を集めるOne to One マーケティング実現を可能にする5つのツールをわかりやすく比較でご紹介
  • データ統合(DWH, DMP)から データ活用(BI, MA, Web接客)まで、徹底解説

全ての企業が目指すマーケティングの到達点のうちの一つとして、『One to One』というキーワードが存在します。究極的には、顧客一人一人に対して完全にパーソナライズされたコミュニケーションを行うことが出来れば、顧客体験は最大化されます。ここで導入するべきテクノロジーは一体何になるのでしょうか?

『One to One』実現のためには、ただCRMを導入し、顧客についてのデータベースを整理すれば良いというわけではありません。CRMに格納されない、顧客についてのデータも集積しなければなりません。データはリアルタイムで処理されなければなりませんし、コミュニケーションをパーソナライズする作業も自動化されなければ、顧客の数だけコストがかかってしまいます。

また顧客体験は連続性を伴うものなので、あらゆるコミュニケーションはシナリオとして運用されなければいけません。そしてITサービスの多数化、細分化が進み、顧客とのタッチポイントは日進月歩で増加しています。

『One to One』を実現するために行わなければならないことは多数あります。つまり導入しなければならないテクノロジーも、また多数存在するのです。本書は『One to One マーケティング』実現のために必要なテクノロジー、アプリケーションをまとめました。パーソナライズされた顧客体験を実現したい企業様に向けての必読書となっております。

アプリケーション大全
※本資料はマーケティングに関する内容となっています。自社または他社のマーケティング活動に関わられていない方のダウンロードはご遠慮下さいませ。

Download Form
資料ダウンロード

必須
ビジネスモデル(選択)必須
必須
必須
(半角数字)必須
※日中繋がりやすい電話番号をご記載ください。
必須
その他ご要望任意
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いに関しては「」をお読みいただき、同意のうえお問い合わせください。

本日7名
このeBookをダウンロードしました。