売上・会員・Webサイト上の行動・広告出稿・カートシステムなど、EC事業を運営する上で、取得できるデータは多岐に渡ります。しかしながら、取得したデータを「フル活用できている」と胸を張って言える企業は、多くはないのではないでしょうか。今こそ、データマーケティングに注力し、「眠っているデータ」を「財産」に変えることが、大きな差別化ポイントとなります。
そこで、本書では健康食品・化粧品業界の通販において「データマーケティング」に必須となる分析を10個ピックアップして、ご紹介いたします。

index
  • はじめに
  • 健康食品/ 化粧品業界におけるマーケティングの全体像
  • 5つのフェーズ別 分析手法10選
    • ・集客フェーズ
    • ・会員登録フェーズ
    • ・本商品購入フェーズ
    • ・リピート購入フェーズ
    • ・クロスセルフェーズ
  • おわりに
※本資料は、マーケティングに関する内容となっています。自社・または他社のマーケティング活動に関わられていない方のダウンロードはご遠慮下さいませ。

必須
必須
ビジネスモデル(選択)必須
必須
(半角入力)必須
必須
その他ご要望任意
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いに関しては「」をお読みいただき、同意のうえお問い合わせください。

絶対に押さえておくべき
データマーケティング "厳選" 分析 10選
「健康食品・化粧品業界 編」

2020年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、顧客の購買行動が大きく変化した1年でした。それに伴って、オンラインでの購買行動が急増しています。
健康食品/化粧品業界においては、もともとEC化が進んでおり、市場規模としても現在4,000億円以上あると言われていますが、今後も継続的な成長が見込まれており、多くの企業がECに注力するために、マーケティングを強化しています。

また、新規で参入する企業も増加してきており、市場の拡大もさることながら、競合も増えてきている状況であると言えます。
このような状況において、自社の売り上げをしっかりと伸ばしていくためには当たり前ですが「デジタルマーケティングの成功」が必要不可欠です。健康食品・化粧品の通販においては、これまで広く用いられてきた顧客分析に加え、様々なシステムに存在するデータを横断的に活用した「データマーケティング」がポイントとなります。

売上・会員・Webサイト上の行動・広告出稿・カートシステムなど、EC事業を運営する上で、取得できるデータは多岐に渡ります。しかしながら、取得したデータを「フル活用できている」と胸を張って言える企業は、多くはないのではないでしょうか。今こそ、データマーケティングに注力し、「眠っているデータ」を「財産」に変えることが、大きな差別化ポイントとなります。

そこで、本書では健康食品・化粧品業界の通販において「データマーケティング」に必須となる分析を10個ピックアップして、ご紹介いたします。

本日6名
このeBookをダウンロードしました。