業界別BI分析5選<br />
「来店型業態編」

絶対に押さえておくべき
業界別BI分析5選
「来店型業態編」

令和の時代において、成果を出すためには、顧客のデータを活用したマーケティングが必須となっています。特に、2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、実店舗での営業活動が制限されました。その影響を特に大きく受けたのが、来店型業態です。緊急事態宣言の発令やまん延防止等重点措置の影響で、実店舗を訪れる顧客が減り、売り上げが大きく減少しました。現在は、コロナの影響が小さくなりつつありますが、業態全体の業績は回復したとはまだまだ言えない状況です。
そんな来店型業態では、大手企業を中心にデジタルトランスフォーメーション(デジタルシフト)が加速しています。例えば、来店型業態の1つであるエステ業界では、アプリECを利用した物販強化や顧客の囲い込み施策の拡充など、顧客データを利用して売り上げの増加を図る施策が次々と実施されています。

このように「データ」を活用した施策を実施している企業は増えていますが、実際に売り上げ増加の根幹となる「データ」を活用できている企業は、世の中でどのくらい存在しているのでしょうか。実は、顧客データや商品データ、購買履歴データなど、様々な「データ」を保持しているものの、これらの「データ」を有効に活用できておらず、売り上げ増加につなげられていない、もしくはそもそも「データ」の活用の仕方が分からないという企業がほとんどです。
そこで本書では、データ活用の「分析」に焦点を当て、来店型業態でデータマーケティングを行う上で必須の5個の分析をご紹介致します。

表示イメージ

絶対に押さえておくべき

業界別BI分析5選
「来店型業態編」

令和の時代において、成果を出すためには、顧客のデータを活用したマーケティングが必須となっています。特に、2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、実店舗での営業活動が制限されました。その影響を特に大きく受けたのが、来店型業態です。緊急事態宣言の発令やまん延防止等重点措置の影響で、実店舗を訪れる顧客が減り、売り上げが大きく減少しました。現在は、コロナの影響が小さくなりつつありますが、業態全体の業績は回復したとはまだまだ言えない状況です。
そんな来店型業態では、大手企業を中心にデジタルトランスフォーメーション(デジタルシフト)が加速しています。例えば、来店型業態の1つであるエステ業界では、アプリECを利用した物販強化や顧客の囲い込み施策の拡充など、顧客データを利用して売り上げの増加を図る施策が次々と実施されています。

このように「データ」を活用した施策を実施している企業は増えていますが、実際に売り上げ増加の根幹となる「データ」を活用できている企業は、世の中でどのくらい存在しているのでしょうか。実は、顧客データや商品データ、購買履歴データなど、様々な「データ」を保持しているものの、これらの「データ」を有効に活用できておらず、売り上げ増加につなげられていない、もしくはそもそも「データ」の活用の仕方が分からないという企業がほとんどです。
そこで本書では、データ活用の「分析」に焦点を当て、来店型業態でデータマーケティングを行う上で必須の5個の分析をご紹介致します。

業界別BI分析5選<br />
「来店型業態編」
※本資料はマーケティングに関する内容となっています。自社または他社のマーケティング活動に関わられていない方のダウンロードはご遠慮下さいませ。

Download Form
資料ダウンロード

必須
ビジネスモデル(選択)必須
必須
必須
(半角数字)必須
※日中繋がりやすい電話番号をご記載ください。
必須
その他ご要望任意
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いに関しては「」をお読みいただき、同意のうえお問い合わせください。

本日1名
このeBookをダウンロードしました。