導入事例

株式会社阪急阪神百貨店

MA経由での「CV数400%アップ」と
「送客率345%アップ」を実現した
施策と分析を大公開

b→dash活用により購買データや
サイト訪問データをノーコードで統合

「お客様の暮らしを楽しく、心を豊かに、未来を元気にする楽しさNo.1百貨店」を目指し、関西を中心に16の店舗(2021年3月末時点)を展開する株式会社阪急阪神百貨店。

お客様が「なりたい姿」、「自分らしく楽しめる生活」の実現に向けて様々なコンテンツを創造し、それらのコンテンツを、デジタルを活用した「OMOビジネススタイル」によって、オンラインでもオフラインでもシームレスにいつでもどこでもお客様とつながり、常に寄り添い続けようとしている同社。

今回の事例では、阪急阪神百貨店がb→dashを活用することでデジタルトランスフォーメーションを推進し、MA経由でのコンバージョン数400%up、店舗からECへの送客率345%upなど様々な成果を創出できた舞台裏について、OMO推進室の清水 浩介氏と阪急本店 OMO販売推進部の木下 真由美氏に話を伺った。

※本資料はマーケティングに関する内容となっています。自社または他社のマーケティング活動に関わられていない方のダウンロードはご遠慮下さいませ。

Download Form
資料ダウンロード

必須
ビジネスモデル(選択)必須
必須
必須
(半角数字)必須
※日中繋がりやすい電話番号をご記載ください。
必須
その他ご要望任意
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いに関しては「」をお読みいただき、同意のうえお問い合わせください。