デジタルマーケティング事例
データ連携で“今欲しい情報”を提供
CVR160%・EC売上130%成長の裏側

阪急阪神百貨店のデジタル戦略の裏側
デジタルシフトの推進で「今欲しい情報」を提供

写真:インタビュイー
株式会社阪急阪神百貨店
土橋 星太 様/菊池 真澄 様/田中 尚美 様
b→dashを導入すれば、データの連携ごとにコストが発生することがなく、時間もコストも抑えながらデータが活用できるというところに魅力を感じます。
関西を中心に、14店舗の百貨店を展開する株式会社阪急阪神百貨店。
デジタルシフトが進む現代において、顧客に寄り添ったサービスを提供するべく同社もデジタルシフトを推進し、マーケティングオートメーション(以下MA)ツールの導入を決めた。
今回は、実際にMAツールの選定からb→dashの導入決定、および運用に携わっている、デジタルコミュニケーション推進室のシニアマネージャーの土橋氏、同じくデジタルコミュニケーション推進室の田中氏、阪急うめだ本店ビュー ティー営業統括部化粧品EC事業部の菊池氏に、MA選定の際のポイントや活用法、今後の展望について話を伺った。
※部署・役職名は2019年3月31日時点のものです。

必須
ビジネスモデル(選択)必須
必須
必須
(半角数字)必須
※日中繋がりやすい電話番号をご記載ください。
必須
その他ご要望任意
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いに関しては「」をお読みいただき、同意のうえお問い合わせください。