デジタルマーケティング事例
Data Paletteによりノーコードでデータ活用を実現
データ統合・加工業務工数が1/3、CVRは5倍に

行動データ×嗜好性データのパーソナライズを実現!

写真:インタビュイー
アンダーアーマー
伊藤 氏 / 間瀬 氏 / 田村 氏
セグメンテーションやクレンジングなどのデータ 加工が『Data Palette』で簡単にできるため、 施策や分析も自由に行えるマーケティングのあるべ き姿になった。
世界的スポーツブランド「アンダーアーマー」の日本総代理店として、同ブランドの国内事業を運営する他、アスリートへのパフォーマンスディレクションなど、複数の事業を展開する株式会社ドーム。
2018年に「データマーケティングによる売上増」を実現するため、b→dashを導入。結果、約60万人の会員に紐づくデータが統合され、さらにb→dashの新テクノロジー『Data Palette(データパレット)』を使うことで簡単にデータを加工・統合し、マーケティング部および経営層が望む分析や施策を次々に実現させている。
本書では、ドーム社がData Paletteの利用で変わった日々の業務、そして成果について伺った。

必須
ビジネスモデル(選択)必須
必須
必須
(半角数字)必須
※日中繋がりやすい電話番号をご記載ください。
必須
その他ご要望任意
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いに関しては「」をお読みいただき、同意のうえお問い合わせください。