セブンネット
ショッピング
デジタル
マーケティング事例
必須
ビジネスモデル必須



必須
必須
必須
その他ご要望任意
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いに関しては「」をお読みいただき、同意のうえお問い合わせください。

データ抽出時間の大幅削減により実現する
“データドリブンな組織づくり”とは

いつでも、誰でもデータにアクセスできる状態を構築し、
高速でPDCAを回し続ける環境を構築

全社員が同じデータにアクセスできる環境ができたため、同じデータを基に議論を進められるのはすごく助かります。
セブン&アイグループのネット通販サイトのうち、本/雑誌やCD・DVD、ゲームに特化したECサイトを運営する株式会社セブンネットショッピング。

本・CD・DVD・ゲーム等を中心に150万点以上の取扱商品数を誇る同社では、グループ全体を挙げた総合ECサイト「オムニ7」の立ち上げを皮切りに、データドリブンな商品開発や販売促進を実現するべく、マーケティングツールの導入を決めた。

当時、受注実績の可視化や、顧客の購買行動・アクセス状況の可視化ができないという課題を感じていた同社が、なぜb→dashを導入するに至ったのか。セブンネットショッピングの販売本部販売部でアシスタントゼネラルマネージャーを務める村上氏にCRMツール導入の裏側や実際のデータ活用法を伺った。