デジタルマーケティング事例
業界最大手クレディセゾンが実現した
開封率・クリック率200%アップの裏側

月間約400施策、計1億通以上の
配信メールを送る
クレディセゾンの
データマーケティングの裏側とは

株式会社クレディセゾン
喜多村 明日香 様 , 志賀 裕美 様
b→dashを使うことで、1カ月前後かかっていたメール配信は最短2日になり、開封率・クリック率も200%以上向上しました。
 会員数3700万人を誇る業界最大手のクレジットカード事業を中心に、Fintech領域や、国内最大級の会員データを生かした新規事業を多数展開する、金融業界におけるリーディングカンパニーである株式会社クレディセゾン。
 顧客ニーズの多様化と、社内外で実施差される様々な施策の増加に伴い、顧客に届けたい情報、配信したいメールも右肩上がりに増え、保有している大量のデータを有効活用できないか試行錯誤していた。
 このような背景のもとで決断したb→dash導入について、その決め手となったポイントや活用による具体的な成果、さらにはその先に見据える未来について、株式会社クレディセゾン デジタルマーケティング部の喜多村 明日香氏、志賀 裕美氏にお話を伺った。
必須
ビジネスモデル必須
必須
必須
必須
その他ご要望任意
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いに関しては「」をお読みいただき、同意のうえお問い合わせください。