2018年 9月 19日 #プレスリリース

「b→dash」と スマートフォン領域の独自ビッグデータを持つオメガ株式会社が ビッグデータ領域におけるソリューションを共同開発へ

株式会社フロムスクラッチ(本社:東京都新宿区、代表取締役:安部 泰洋、以下:フロムスクラッチ)とオメガ株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役:荒木 康介、以下:オメガ)は、CRMソリューション提供に向けて開発を開始いたしました。

本協業はフロムスクラッチが開発するデータマーケティングプラットフォーム「b→dash」と、オメガの提供するスマートフォンにおける独自ビッグデータとの連携により、データ活用支援、ならびにビッグデータ領域のソリューションの共同開発を行います。

これにより、企業がこれまで利用していたマーケティングデータだけでなく、ユーザーが利用するあらゆるアプリの情報もAIによって分析し、プロモーション施策に活用する新しいマーケティングソリューションの提供を開始いたします。今後も両社は、技術や培ったノウハウを生かし、データ連携や新機能による拡張を通じて、企業のビッグデータを活用したデータ経営の促進に寄与して参ります。

【背景】
フロムスクラッチでは、これまで「b→dash」を通じて、お客さまのビッグデータ活用を支援し、収益拡大に貢献しています。またオメガは、スマートフォンにおけるビッグデータとAIを活用した、独自のデータ収集技術を提供しています。

そこでこのたび両社は、顧客中心のビジネススタイルの展開により企業の収益拡大に貢献するため協業し、オメガのSDKを活用したCRMソリューションサービス提供に向け、共同で開発することといたしました。

【開発の概要】
今回の共同開発は、「b→dash」を導入することにより、企業が保有するユーザーデータや広告データ、購買データなどすべてのデータの取得、統合、施策の実施、分析が可能となるだけでなく、自社サービス外でのユーザー行動の把握が可能となります。それにより、さらにユーザーのニーズに合ったユーザー中心のビジネスの遂行を実現させることができます。

加えて、スマートフォンのあらゆるサービス上のユーザー動向データを把握できるようになります。興味・関心・志向に関するデータを活用することにより、ビッグデータ分析の高度化が可能となります。スマートフォンのあらゆるサービス上のユーザー動向データが他データと統合されると、よりユーザーにマッチしたマーケティング施策が可能になり、マーケティング効果を最大限に発揮することが可能になります。

【今後について】
今後フロムスクラッチは、データ統合基盤や処理エンジンの開発強化に加え、「b→dash」に蓄積された膨大なマーケティングデータに機械学習をはじめとする人工知能技術を活用することで、マーケティングテクノロジー領域における新たなソリューションを開発予定です。

オメガは、「b→dash」との連携により、SDKを情報収集ツールとして各社への提供と新規CRMの展開に加え、「b→dash」のビッグデータの一部として、収集データの寄与を行ってまいります。

 
【オメガ株式会社について】
オメガは、独自に収集した膨大な量のビッグデータを人工知能で解析し、個々のユーザーに合わせて欲しいときに欲しい広告が配信できる世界初の広告配信技術を開発しています。この技術は国内及び150カ国以上での国際特許(※1)です。従来の広告には拒否反応を示すユーザーが多い中でも、オメガの広告は着実にクリック率やエンゲージメント率を高めています。
 今回の協業ではオメガの保有する独自ビッグデータをフロムスクラッチに提供していく予定です。
※1 特許出願中

最新の投稿

マーケティングに
必要なすべてをb→dashで。
  • 『3分でb→dashが分かる』
    特別資料を簡単にダウンロードいただけます。

    資料請求
  • 導入イメージを実際につけたい方は
    事例をご参照ください。

    導入事例
  • ご不明な点などございましたら
    お気軽にお問合わせください。

    お問い合わせ