2018年 6月 27日 #アップデート

「b→dash」と、 国内最大規模の3rdパーティデータを保有するDMP「AudienceOne」がデータ連携開始

株式会社フロムスクラッチ(本社:東京都新宿区/代表取締役:安部泰洋、以下フロムスクラッチ)とデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長CEO:島田雅也、以下DAC)は、フロムスクラッチが開発・提供する、マーケティングプラットフォーム「b→dash(ビーダッシュ)」とDACのDMP「AudienceOne」を連携し、双方の持つ大量のオーディエンスデータを活用し、分析及び広告領域における新たなパーソナライズソリューションの提供をはじめます。

■本連携について
 昨今、企業のマーケティング活動においては、ユーザーの属性や趣味嗜好データ、Webサイトやソーシャルメディア上でのオンライン行動データ、POSデータやCRMデータといったオフラインデータなど、多岐に渡るデータを扱っており、そのデータ量は膨大なものとなっています。しかし、自社で保有しているデータだけでは、ユーザーセグメントを詳細に分けることが困難であるため、外部データを活用してユーザーの属性情報や趣味嗜好などを可視化し、広告配信に活用したいというニーズが高まっています。

 DACが開発し提供しているDMP「AudienceOne」は、オンライン上の行動データをもとにした約1,000種類のオーディエンスプロファイルデータ、国内最大級の月間4.8億ユニークブラウザを超える3rdパーティデータを保有しています。また、国立情報科学研究所との共同研究による独自のオーディエンス拡張ロジックを構築しています。
 一方「b→dash」は、マーケティングプロセス上に存在する全てのビジネスデータを、一元的に取得・統合・活用・分析するSaaS型マーケティングソリューションです。企業が保有するユーザーデータや広告データ、購買データ、アクセスログデータ、販促データなど、あらゆるビジネスデータを処理・管理する、国内最大規模のマーケティングプラットフォームです。

 本連携により、広告主ならびに媒体社は、「b→dash」に蓄積されたサイトの訪問履歴や購買データ、顧客データと、「AudienceOne」が独自で保有している4.8億ユニークブラウザを超える3rdパーティデータを掛け合わせ、より細やかにユーザー像を描き、可視化することができます。複数デバイスを利用するユーザーの分断されたデータを統合させ、デバイスをまたいだユーザー行動の可視化やターゲティング広告配信を実現します。

■今後の展開
  今後も、「b→dash」と「AudienceOne」の連携を通じて、潜在顧客とのタッチポイントを創出し、広告主や広告会社ならびに媒体社に対して、サイト運営や広告運用の効率化に貢献するマーケティングソリューションを提供してまいります。

最新の投稿

マーケティングに
必要なすべてを
b→dashで。