2016年 1月 13日 #お知らせ

IPアドレスを企業情報に変換する 「企業情報自動分析」等の新機能を「b→dash」 に実装

株式会社フロムスクラッチ(本社:東京都新宿区/代表取締役:安部泰洋)が開発・提供する、次世代型マーケティングプラットフォーム「b→dash(ビーダッシュ)」は、IPアドレスデータベースを用いた位置認識のサイバーエリアリサーチ株式会社(本社:静岡県三島市/代表取締役:山本敬介)が提供するアクセスユーザの位置情報・組織情報取得サービス「どこどこJP」と連携し、新規機能を実装したことをお知らせいたします。

マーケティングオートメーションを超える、新しいマーケティングソリューション“次世代型マーケティングプラットフォーム”である「b→dash」は、2015年11月には電通デジタル・ホールディングスやグローバル・ブレイン、NVCCなどを対象とした総額約10億円の第三者割当増資を実施しました。そしてこの度、「b→dash」に、IPアドレスを活用した新規機能を実装することで、より多くの企業のマーケティング支援・改革に注力して参ります。

【IPアドレスを活用した新規機能実装により実現できること】

IP Geolocation & IP Intelligence データベースを搭載したAPIサービス「どこどこJP」との連携を通じて、「b→dash」は新しく以下の機能を搭載しました。

①企業情報自動分析

「どこどこJP」に搭載された約36億のIPアドレス・企業情報変換用データベースを利用することで、WEBサイトに訪問したユーザーのIPアドレスより、企業名や住所、代表電話番号、業種、従業員数、資本金などの企業情報を自動で取得できます。これにより、「見込み顧客の行動」という事実に基づいて、ユーザー行動を分析し、個社ごとの“検討具合”を把握・可視化することで、見込み客に対し適切なタイミングでアプローチすることが可能になります。さらに、アクセスデータの一覧と既存顧客のデータを合わせて、まだアプローチしていない情報を抽出することで、精度の高い営業用ターゲティングリストを得ることも可能となります。

②エリアターゲティング機能

WEBサイトにアクセスしたユーザーに応じて、都道府県や市町村情報等をはじめとする「位置情報」の把握・可視化が可能になります。これにより、地域属性に沿ったコンテンツの提供ができ、ユーザー特性に合わせた適切なアプローチを行うことができます。さらに、位置情報に基づいて不要なページをスキップさせるなど、ユーザーごとにWEBサイトの導線設計を最適化させることで、流入からコンバージョンまでのフローが改善され、ユーザーの離脱リスクを軽減させることが可能となります。

上記に加えて、IPアドレスを活用した「不正アクセス対策」や「アクセス制御」などの新規機能の実装を今後予定しています。

株式会社フロムスクラッチは、今後も「b→dash」の更なる機能強化により、企業のマーケティング支援・改革を実現して参ります。

【どこどこJPについて】

どこどこJPは世界対応のIP Geolocation & IP Intelligence APIです。日々更新される最新のIPアドレスデータベースを搭載し、モダンマーケティング・デジタルメディアテクノロジー・オンライン不正対策などの分野で、市場の最新潮流を支えています。
・URL:http://www.docodoco.jp/

【サイバーエリアリサーチ 会社概要】

・会社名:サイバーエリアリサーチ株式会社
・代表者:代表取締役 山本敬介
・所在地: 〒411-0036 静岡県三島市一番町18-22 アーサーファーストビル4F
・設立: 2000年2月21日
・事業内容
-IP Geolocation事業
-IPアドレス移転事業
-Ad Tech事業
・URL:http://www.arearesearch.co.jp/

最新の投稿

マーケティングに
必要なすべてをb→dashで。
  • 『3分でb→dashが分かる』
    特別資料を簡単にダウンロードいただけます。

    資料請求
  • 導入イメージを実際につけたい方は
    事例をご参照ください。

    導入事例
  • ご不明な点などございましたら
    お気軽にお問合わせください。

    お問い合わせ