株式会社ファクトリージャパングループ

テレビCMでもおなじみの「カラダファクトリー」をはじめ、整体、ストレッチ、美容整体などサロン運営をメイン事業とする、株式会社ファクトリージャパングループ。b→dashを選んだ決め手や背景、そして今後の活用法について、マーケティング本部CRM推進部でCRM、メール運用によるリピート促進に従事する平林氏に取材した。


データの取得・統合から活用までスムーズにワンストップで行えるので、分析から施策実行まで、 大幅に作業工数が削減できると考えています。
独自の「A.P.バランス®」を用いた施術などを通じて、マッサージなどの一時的な改善ではなく、お客様のお身体の根本改善をサポートしています

お客様のお身体の根本改善をサポートする為には、お客様に継続的にご利用頂き、施術を受けて頂くことが必要です。

そこで、これまで集客面ではCPA(顧客獲得単価)のみをKPI(重要評価指標)に設定し、
手探りで行ってきたマーケティング施策から、お客様の再来店率や来店頻度、
そしてLTV(生涯顧客売上)などの評価指標を見つつ、
効率的に弊社のサービスを求めていらっしゃるお客様に効率的にリーチし、
さらに、今まで以上にお客様に継続的にご利用頂ける様な施策にも取り組んでい<べく、b→dashの導入が決まりました。