データ活用にまつわる これからの情シスとマーケの関係性

データマーケティングを推進したい人がまず読む本
– 部署連携編 – データ活用にまつわる これからの情シスとマーケの関係性

昨今、あらゆる業界で「データ活用」をビジネスの成果につなげようとする動きが活発化しています。中でも、マーケティングの最重要テーマの一つ「顧客体験(カスタマーエクスペリエンス)の向上」を目指す上で、データ活用は欠かせないキーファクターです。しかし、データドリブンにマーケティング活動を推進するために必要なデータは、欲しい時にすぐに手に入っていますでしょうか。複数のデータを統合・比較し、PDCAサイクルを回せていますでしょうか。

“欲しいデータが欲しい時に手に入る環境” ― それは、データマーケティングを推進していく上で、必要不可欠といっても過言ではありません。マーケティング活動のPDCAはスピードが命。データを抽出するのに1週間もかかっていては、顧客の心を掴むことはできないのです。しかし、それを実現している会社はほんの一握りなのではないでしょうか。

現実問題として、多くの企業のマーケターが社内のシステムから欲しいデータを得るために、とある部署に依頼することになります。その部署こそが、貴方を悩ませることになる相手である…そう、情報システム部、通称「情シス」です。

しかし、そもそもなぜ彼らは協力的ではないのでしょうか。そこには、同じように会社のためを思うが故に、協力できない深いワケがあるのです。本書では、データマーケティングにおける情シスの思いを、とある会社を例にケーススタディ形式でイラストを使いわかりやすく紹介していきます。普段なかなか知ることができない情シスのホンネを覗き、情シスとの付き合い方や、問題解決への糸口を見つけましょう。

データマーケティングを
推進したい人がまず読む本
– 部署連携編 –

データ活用にまつわる
これからの情シスとマーケの関係性

データ活用にまつわる これからの情シスとマーケの関係性
このeBookで学べるポイント
  • 情シスとマーケの確執はこうして生まれる。情シスとうまく付き合うために必要な3つの考え方
  • 「情シス視点」から見る、普段のマーケと情シスとのやり取り〜データ活用にまつわる3つのケーススタディ〜
eBookの中身をご紹介
(横へスライドできます)

無料ダウンロードはこちら

必須
ビジネスモデル必須
必須
(半角入力)必須
必須
その他ご要望任意
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いに関しては「」をお読みいただき、同意のうえお問い合わせください。

本日1名

このeBookをダウンロードしました。