嘘だらけのプライベートDMP

検討・導入前に絶対に読んでおくべき!
嘘だらけのプライベートDMP・CDP

DMP(Data Management Platform)という言葉は、データ活用全盛期において頻出ワードとなっており、今となっては聞いたことがない方は少ないのではないでしょうか。実際に、DMPを導入されている企業や、内製して構築している企業が増えてきているのも事実です。

しかし、いざ導入するとなると、平均で月額100万円はかかりますし、データ量に応じた従量課金制が一般的であるため、費用は年々高くなってしまいます。また、導入するためには、自社の保有するデータの形式をDMPに格納可能な形に成形したり、名寄せをしたり、歯抜けデータを除外したり、とデータのクレンジングに多大な工数を要します。

また、DMPを導入すればデータを有効活用し、広告の最適化や分析の効率化が図れるというわけではありません。実際のところ、DMPの費用対効果が十分に見込めるシーンは限られています。このように、DMPさえ導入すれば、あらゆるデータを活用したデータマーケティングを推進できると考えている方がまだまだ多いですが、実際はDMPを導入するためには多大なコストと工数が必要になり、正しい知識のもとで活用しなければ、データマーケティングを成功に導くこともできません。

そこで本書では、このようなDMPにまつわる嘘を解明し、DMPの正しい活用法をまとめています。データマーケティングを推進しようと考えている方のお役に立てれば幸いです。

検討・導入前に絶対に読んでおくべき!

嘘だらけのプライベートDMP

DMPという言葉は、データ活用全盛期において頻出ワードとなっており、今となっては聞いたことがない方は少ないのではないでしょうか。

しかし、いざ導入するとなると、平均で月額100万円はかかりますし、データ量に応じた従量課金制が一般的であるため、費用は年々高くなってしまいます。また、導入するためには、自社の保有するデータの形式をDMPに格納可能な形に成形したり、名寄せをしたり、歯抜けデータを除外したり、とデータのクレンジングに多大な工数を要します。

また、DMPを導入すればデータを有効活用し、広告の最適化や分析の効率化が図れるというわけではありません。実際のところ、DMPの費用対効果が十分に見込めるシーンは限られています。そこで本書では、このようなDMPにまつわる嘘を解明し、DMPの正しい活用法をまとめています。データマーケティングを推進しようと考えている方のお役に立てれば幸いです。

嘘だらけのプライベートDMP
このeBookで学べるポイント
  • プライベートDMP・CDPにまつわる、よくある嘘・勘違い 5選
  • プライベートの効果的な活用法、オススメDMP関連のeBook 3選

ダウンロードはこちら

必須
ビジネスモデル必須
必須
(半角入力)必須
必須
その他ご要望任意
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いに関しては「」をお読みいただき、同意のうえお問い合わせください。