実は知らない クロスチャネルシナリオ徹底解剖

近年のマーケティングオートメーション(MA)市場の拡大に伴って、様々なマーケティングツールが登場してきています。それに伴い、多くの企業が従来の一斉送信のメール配信から脱却し、高度なOne to oneマーケティングへの移行を加速させています。

「SMSとLINEをかけ合わせてユーザーに最適なコンテンツを配信したい」「メールを開封しないユーザーに対してアプリPUSHでコミュニケーションを図りたい」

これらのような、複数のチャネルをかけ合わせてユーザーとのコミュニケーションを設計することを”クロスチャネルシナリオ”と呼びます。多くのマーケティング担当者は上記のような、チャネルをまたいだ顧客とのコミュニケーションを求め始めています。

一方で、クロスチャネルシナリオを設計し、実際に成果を上げている企業はそう多くありません。何故、多くの企業は失敗に終わってしまうのか。そこには、「データの壁」と「PDCAの壁」という、大きな2つの壁が存在します。

本書では、クロスチャネルシナリオがもたらす効果だけでなく、上記の2つの壁を解説していきながら、どうすればクロスチャネルシナリオを設計して成果を上げることができるのかを解説していきます。

本書が貴社のデータマーケティングを加速させる一助になれば幸いです。

ダウンロードはこちら

必須
ビジネスモデル必須


必須
(半角入力)必須
必須
その他ご要望任意
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いに関しては「」をお読みいただき、同意のうえお問い合わせください。