”本当は教えたくないオムニチャネル最前線”

テクノロジーの発展に伴い、私たちの生活の中で”データ”はより身近な存在になりました。 アナログ時代からデジタル時代への変遷に伴い、一部の職種・業界でしか扱われなかったデータは、いつしかほぼ全てのビジネスにおいて扱われるようになりました。 そして、あらゆる場面でデータが取得され、蓄積される現代においては、いかにデータを有効活用できるかがビジネスを成功させるカギになっています。

実際、これらの変化に伴いデータの活用方法も大きく変わり、今ではメール配信や広告といった従来のアプローチ方法だけでは、データ時代を勝ち抜くことはできません。SNSやアプリをはじめとするオンライン、そして店舗を含めたオフラインでの連携を強化し、チャネルを縦断してコミュニケーションを取ることが求められているのです。

オフラインとオンラインの双方向からコミュニケーション活動を行い、顧客にとって適切なタイミングで適切な情報を届ける”心地よい”サービスを提供できなければ、データ時代を生き残れないといっても過言ではないでしょう。

このような背景から、本書ではいち早くオムニチャネル戦略に取り組んだ著名マーケターにそのノウハウを伺い、重要なポイントをまとめました。データ時代を生き抜くためにマーケターなら知っておくべき情報を紹介していますので、オムニチャネル戦略を進める上で抑えておくべき視点やスキルを身につけることができるでしょう。

本書がオムニチャネル化を推進し、新たな顧客体験価値の創造に寄与すれば幸いです。

無料資料ダウンロードはこちら!

必須
ビジネスモデル必須


必須
(半角入力)必須
必須
その他ご要望
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いに関しては「」をお読みいただき、同意のうえお問い合わせください。