index
  • “商品オリエンテッド”から“顧客オリエンテッド”のマーケティングへ
    お客さまのニーズを満たす”3層式顧客クラスタ分け”の極意とは?
  • 挑戦によって新たな価値を生み出し続ける
    クレディセゾン流
    真のデータ中心経営とは
  • 日本を代表するビューティーカンパニー資生堂が掲げる
    “お客さまに徹底的に向き合う”ためのオフェンシブなデジタライゼーションとは
  • P&G、DELLでも浸透する“データファースト”思考
    意思決定のスピードを高め、ブランディングを成功に導くポイントとは
※本資料は、マーケティングに関する内容となっています。自社・または他社のマーケティング活動に関わられていない方のダウンロードはご遠慮下さいませ。

必須
必須
ビジネスモデル(選択)必須
必須
(半角入力)必須
※日中繋がりやすい電話番号をご記載ください。
必須
その他ご要望任意
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いに関しては「」をお読みいただき、同意のうえお問い合わせください。

データマーケティングの教科書 vol.2

『データマーケティング』――マーケティング領域では、昨今よく耳にするワードですが、このワードが真に意味するマーケティング活動を実現できている企業は少ないのではないでしょうか。

『データマーケティング』――マーケティング領域では、昨今よく耳にするワードですが、このワードが真に意味するマーケティング活動を実現できている企業は少ないのではないでしょうか。テクノロジーの発展によって大量のデータを取得できるようになり、そのデータを活用したマーケティングの重要性に気づく経営者が増えています。実際、多くの企業がマーケティングツールの導入や、データサイエンティストの採用などの取り組みを行っています。しかし現場では、データマーケティングを実現するために、日々膨大なデータと格闘し、大量の業務に追われてしまっているのが現状です。

本書は、データマーケティングの第一線で活躍されている著名なマーケターにデータマーケティングのノウハウを伺い、そのエッセンスをまとめたeBookの第二弾です。マーケターなら誰でも知っておくべき知識を具体的なエピソードを交えて紹介しておりますので、本書を読めばデータマーケティングを実現するうえで重要となるポイントやデータに基づく本質的な価値提供のメソッドがわかることでしょう。

これを機に実践的なデータマーケティングの知識を深め、よりマーケティング活動を加速させていただければ幸いです。

本日5名
このeBookをダウンロードしました。