最先端 データマーケティング入門書「前処理編」

最先端データマーケティング入門書
– 前処理編 –

ビックデータの活用が非常に注目されているものの、ビックデータを有効に活用して経営の意思決定に活用できている企業は意外と多くありません。

それはなぜでしょうか。データを使った施策・分析においては、事前にデータを加工しやすい状態にしておくことが、非常に重要な前準備となるにも関わらず、実際に「データ活用」のイメージがないままデータを収集してしまっていることが原因として挙げられます。

そのため、データを活用するためにはデータを収集した後に分析・集計できる形に加工するプロセスが必要となります。このプロセスは、データ分析前に実施するプロセスであることから、「前処理(データプリパレーション)」と呼ばれることが一般的です。

そこで本書では、データを活用する上で重要な工程となる、「データの前処理(データプリパレーション)」に焦点をあてて、どのような工程で実施するのかを具体例を交えながら解説していきます。多くの企業がこの工程を理解していないが故に、マーケティングツールを導入したものの、想定し得ないコストがかかってしまったり、ツールを使いこなせないという事態に陥っています。データマーケティングを推進する上で必須の内容となっていますので、是非本書をご活用いただけますと幸いです。

もう知らないでは済まされない!

“最先端データマーケ
ティング入門書”-前処理編-

このeBookで学べるポイント
  • データ前処理ツール 4社 徹底比較!
  • ビックデータ活用におけるデータ 前処理の「実情」と「課題」とは?
  • マーケティング領域でのデータの前処理の具体例4つを徹底解説!
最先端 データマーケティング入門書「前処理編」

無料ダウンロードはこちら

必須
ビジネスモデル必須
必須
(半角入力)必須
必須
その他ご要望任意
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いに関しては「」をお読みいただき、同意のうえお問い合わせください。

本日3名

このeBookをダウンロードしました。