最先端 データマーケティング入門書「名寄せ編」

最先端データマーケティング入門書
– 名寄せ編 –

データ活用による労働生産性の向上が企業にとって至上命題となっている昨今、本格的にデータ活用を始めようとする多くの企業が直面する壁があります。それは「顧客リストの名寄せ」です。「顧客リストの名寄せ?」「なんだそんなことか。」と思われる方も多くいらっしゃるかもしれませんが、侮るなかれ、多くの企業がこの課題を抱えています。

多くの企業において、扱っているデータは、個人や部門・利用ツール間で、バラバラの場所・フォーマットで保管されており、データマーケティングに活用できない状態が散見されています。データを「クレンジング」し、「名寄せ」を行うことで、複数箇所に分散されているデータベースの同一人物・同一企業・同一世帯に対し、同一のIDを付与するなどしてデータを統合していく必要があります。

この「名寄せ」をしないことには、顧客のデータを活用して、顧客毎にカスタマイズしたメール配信等の施策や、どんな属性の顧客がどんな商品を買っているかといった細かい分析をすることは不可能です。そこで本書では、この多くの企業が抱える課題である「名寄せ」に焦点をあてて、どのような工程で実施するのかを具体例を交えながら解説していきます。多くの企業がこの工程を理解していないが故に、マーケティングツールを導入したものの、想定し得ないコストがかかってしまったり、ツールを使いこなせないという事態に陥っています。データマーケティングを推進する上で必須の内容となっていますので、是非本書をご活用いただけますと幸いです。

もう知らないでは済まされない!

“最先端データマーケ
ティング入門書”-名寄せ編-

多くの企業において、扱っているデータは、個人や部門・利用ツール間で、バラバラの場所・フォーマットで保管されており、データマーケティングに活用できない状態が散見されています。データを「クレンジング」し、「名寄せ」を行うことで、複数箇所に分散されているデータベースの同一人物・同一企業・同一世帯に対し、同一のIDを付与するなどしてデータを統合していく必要があります。

この「名寄せ」をしないことには、顧客のデータを活用して、顧客毎にカスタマイズしたメール配信等の施策や、どんな属性の顧客がどんな商品を買っているかといった細かい分析をすることは不可能です。

そこで本書では、この多くの企業が抱える課題である「名寄せ」に焦点をあてて、どのような工程で実施するのかを具体例を交えながら解説していきます。データマーケティングを推進する上で必須の内容となっていますので、是非本書をご活用いただけますと幸いです。

最先端 データマーケティング入門書「名寄せ編」
このeBookで学べるポイント
  • データ名寄せの方法3つ、それぞれのメリット・デメリット
  • 実際に大手スポーツブランド企業が行なった名寄せとその効果
  • データ名寄せで押さえておくべきポイント 6選

ダウンロードはこちら

必須
ビジネスモデル必須
必須
(半角入力)必須
必須
その他ご要望任意
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いに関しては「」をお読みいただき、同意のうえお問い合わせください。