デジタルマーケティング事例
工数を90%削減も、売上135%UPを実現
キリンのデータマーケティングの裏側

キリンが目指すデジタルを活用した
Always Onのコミュニケーションとは

写真:インタビュイー
キリン株式会社
立脇 久寛 様/進野 耕二 様/戸川 健司 様
ただのMAツールではないです。不要な工数を大幅に削減しながら、取得データから施策ができるようになったので、マーケティング自体の質があがりました。
飲料業界最大手、キリン株式会社が運営する、飲みものにこだわる人々が集うオンラインショップ「DRINX」。
DRINXでは、クラフトビールやワインといった嗜好性の高いハイエンドのお酒を販売するとともに、季節やシーンに合わせた食とお酒の愉しみ方などのライフスタイルの提案から、 メーカーならではの造り手の想いといった情報まで、内容の濃いコンテンツが展開されている。

今後キリンは、お客様一人ひとりの興味や好みに沿ったマーケティングを実現すべく、b→dashを導入しデジタル戦略に舵を切る。そこで今回は、b→dash導入の背景や活用による成果を伺い、理想のマーケティングの実現と事業収益性の確保を両立させる秘訣に迫る。

必須
ビジネスモデル(選択)必須
必須
必須
(半角数字)必須
※日中繋がりやすい電話番号をご記載ください。
必須
その他ご要望任意
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いに関しては「」をお読みいただき、同意のうえお問い合わせください。