デジタルマーケティング事例
“コミュニケーションに変革を起こす”
4.5億円調達スタートアップの挑戦

b→dashを活用したデータマーケティングで、生産性・収益向上を実現

株式会社BONX
必要な機能が備わっているにも関わらず、コストパフォーマンスが高かったことが一番の決め手。UI/UXが優れ、インターンの学生でも使えるので大きく工数を削減できる。
 「世界を遊び場にする」という野望を掲げ、どんな距離でも、どんな環境でも、自由に会話できる新型コミュニケーションデバイスであるエクストリームコミュニケーションギア「BONX」を開発・販売している株式会社BONX。
 アウトドアアクティビティから工事現場に至るまで、グループコミュニケーションを必要とするあらゆるシーンへと利用が拡大し、2016年末に日本国内での一般販売がスタートしてから、北米を中心にグローバル展開も加速させている。
 今後、より一層販売を拡大させるためにMAツールを探していたところ、月額5万円で始められるb→dash Liteと出会い、機能の網羅性や画面の操作性に惹かれ導入を決める。
 今回は、急速な販売拡大を目指すにあたり抱えていたマーケティング課題や導入の詳細背景、今後の利用方法についてお話を伺った。
必須
ビジネスモデル必須
必須
必須
必須
その他ご要望任意
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いに関しては「」をお読みいただき、同意のうえお問い合わせください。