デジタルマーケティング事例
アメリカンイーグルが『b→dash』で
実現する顧客体験のアップデートを大公開!

コンテンツ×チャネルの
最適化による
顧客一人ひとりの
体験価値向上の裏側とは

株式会社イーグルリテイリング
飛内イブラヒム・アーメッド・ジュニア様
以前使っていた外資系ツールに比べ、スモールスタートで始めやすく、操作が簡単で、誰でも使いやすいところが導入の決め手でした。
アメリカ発のカジュアルファッションブランドとして、若い世代を中心に人気を誇るアメリカン・イーグル。日本では全国に31店舗を有し、リーズナブルな価格帯とキャッチーなデザインで幅広い層から支持を得ている。

そんな同社が、今、顧客データの活用に注力し始めている。自社で保有しているデータを活用し、顧客により良い購買体験を提供すべく、その軸としてb→dashの導入を決めた。

数あるマーケティングツールの中から、なぜこのタイミングでb→dashを導入したのか、そして今後どのように活用していくのか。Customer Relationship Management でManagerを務める飛内氏にお話を伺った。
必須
ビジネスモデル必須
必須
必須
必須
その他ご要望任意
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いに関しては「」をお読みいただき、同意のうえお問い合わせください。