ソフトドリンクや酒類を中心に製造、販売を行う日本大手の飲料メーカー企業。 キリン株式会社が運営するDRINXは、飲みものにこだわる人々が集うオンラインショップ。 季節やシーンに合わせた食とお酒の愉しみや、メーカーならではの造り手の想い といった情報まで、顧客の求める内容の濃いコンテンツが展開されている。


“キリンが目指すデジタルを活用したAlways Onのコミュニケーションとは”
飲料業界最大手、キリン株式会社が運営する、飲みものにこだわる人々が集うオンラインショップ「DRINX」。 DRINXでは、クラフトビールやワインといった嗜好性の高いハイエンドのお酒を販売するとともに、季節やシーンに 合わせた食とお酒の愉しみ方などのライフスタイルの提案から、 メーカーならではの造り手の想いといった情報まで、 内容の濃いコンテンツが展開されている。 キリンは、今後お客様一人ひとりの興味や好みに沿ったマーケティングを実現すべく、b→dashを導入しデジタル戦略に 舵を切る。そこで今回は、b→dash導入の背景、そして活用による成果を伺った。