ページトップへ
2018.09.07

SSP【マーケティング用語集】

SSPとは

【SSP】とはSupply Side Platformの略称で、インターネット広告において媒体の収益最大化を目的としたツールです。 媒体の運営者は、SSPに対して自分のWebサイトの広告枠を、いくらでどんな広告主に売りたいのか、などを事前に設定しておきます。 設定した後はDSP(Demand Side Platform※別記事で解説)とSSPを通じて収益性が高い広告を自動で配信していくので、運営者の運用コストが非常に軽減されます。

無料のeBook
詳しくはこちら

LIKE @ Marketer's Compass