ページトップへ
2018.08.09

クロスチャネル【マーケティング用語集】

クロスチャネルとは

クロスチャネルとは、小売と顧客の接点を作るポイントが複数存在するチャネルを指します。実店舗・Web・電話など各チャネルごとに蓄積されたデータを連携させているのも特徴です。それによって、Webで購入した商品を店頭で受け取れたり、返品できたりするなど、チャネルを横断させる考え方です。 オムニチャネルに似た概念で、マルチチャネル、クロスチャネルというものがあります。企業と顧客の接点が1つの状態をシングルチャネルと言います。そして、店舗とWeb上など複数の接点を持っているものがマルチチャネルです。そしてクロスチャネルは各チャネルの情報がクロスして共有可能になることです。「ネットで借りて自宅に届きポストへ返却」でお馴染みのTSUTAYAはその一例と言えるでしょう。

無料のeBook
詳しくはこちら

LIKE @ Marketer's Compass