ページトップへ
2018.08.08

CCCM(クロスチャネル・キャンペーン・マネジメント)【マーケティング用語集】

CCCM(クロスチャネル・キャンペーン・マネジメント)とは

CCCMとは、BtoC企業で扱われるMAのことをいい自社の持つ様々なチャネルを使って顧客とコミュニケーションを図り、顧客一人一人の属性や嗜好に合わせて情報を提供する「One to Oneマーケティング」の実現を目的としています。具体的には、ネット通販で「かご落ち」した消費者に対してのみプッシュ通知や広告を配信するといったアプローチが可能です。BtoC企業向けのマーケティング施策では、自社の持っているチャネルを最大限生かしアプリ通知やキャンペーンの配信が重要になります。

無料のeBook
詳しくはこちら

LIKE @ Marketer's Compass