ページトップへ
2018.08.08

CRM (Customer Relationship Management)【マーケティング用語集】

CRM (Customer Relationship Management) とは

CRMとは「顧客との関係を良好に保つことないし、その手法」で、「優良顧客を増やすことで売上を増やす」ということを目的に行います。顧客との間に、親密な関係を作り、サービスを利用してくれた顧客をリピーターに、そしてファンにすることで相互利益を高める経営手法です。またCRMを導入することで、CRMという顧客情報のデータベースであるので、営業担当者が変わったとしても関係性を再構築する必要がなくなります。そして、CRM内の情報をもとに、ある顧客に対して適切な提案をし続けることが可能になります。さらに、顧客情報を充実させることによってロイヤリティーを向上させることが出来ます。これらのメリットから、顧客のリピート率・顧客単価の向上に繋がり、売上向上が見込めます。

無料のeBook
詳しくはこちら

LIKE @ Marketer's Compass