ページトップへ
2017.06.28

【BtoC企業必見!】MAツール徹底比較 7選

2014年からMAというワードがトレンドとなり、今では多くの方になじみ深い言葉となっているのではないでしょうか。
しかし、MAといっても様々であり、BtoB企業向けなのか、BtoC企業向けなのかによって必要な機能が異なることや、各企業の提供するツールにより実現できることが異なることまで知っている方は少ないのではないかと思います。

そこで、今回はBtoC向け主要MAツール7つについてご紹介したいと思います。

【関連】MAとは
マーケティングオートメーション(MA)とは何か

【関連】MA導入のポイント
マーケティングオートメーション導入で注意すべき5つのポイント~導入で失敗する企業の特徴とは?~

1.BtoC向けMAツールとは?

「【BtoB企業必見!】MAツール徹底比較 8選」では、BtoB向けMAツールには「セグメント機能・スコアリング機能が必須だ」と説明しました。

では、BtoC向けMAツールはBtoB向けのものと比べ何が違うのでしょうか?まず、BtoC企業がMAに求めることから見ていきましょう!

1-1 BtoC企業がMAツールに求めていること

BtoC企業はMAに対し、「顧客にとって適切なチャネルから、適切なタイミングで、適切なコンテンツを届けること」を求めています。

なぜなら、時代と共にテクノロジーが進化し、マーケティング手法がテレビCMや新聞の折り込みチラシといった企業による対マス向けの一方的なものから、メール配信、Push通知、LINEといった対個人向けの個別的なものへと変わってきたからです。

顧客が自ら商品を知り、比較し、選択するセレクト型消費となった現在において、それぞれの顧客に対し、それぞれに合った手法でアプローチしていくことが企業に求められているのです。

1-2 BtoC向けMAツール

このように、それぞれの顧客に対しそれぞれに合った手法でアプローチをしていくOne to Oneマーケティングが可能となるチャネル横断型のツールがBtoC向けのMAツールとなります。

このBtoC向けMAツールは、CCCM(Clos-Channel Campaign Management)と呼ばれ、MAとは別物になります。

では、BtoC向けMAツールにはどのようなものがあるのでしょうか?主要な6社のツールをご紹介したいと思います!

2.主要7ツール紹介

2-1 Adobe Marketing Cloud

Adobe Marketing Cloudは8つの製品で構成されています。目的ごとに製品をそろえることが可能です。

【メリット】
8つの製品すべてを揃えれば、理想的なマーケティング施策を行うことが可能となります。また、目的ごとに製品を揃えられるので、予算との兼ね合いでカスタマイズできます。日本では、Adobe AnalyticsやAdobe Campaignを導入している企業が多いです。

【デメリット】
高性能でシステムが複雑なため、リテラシーの高いマーケターがいないと使いこなすのが難しいでしょう。また、8つ全ての製品を揃えると、他社ツールと比べ1・2桁高くなってしまいます。全てを取り揃えている企業は日本ではほとんどありません。

2-2 IBM Marketing Cloud (Silverpop)

旧SilverpopはIBMが買収し、IBM Marketing Cloudの一部となりました。メールやPush通知、キャンペーンシナリオ設計等のマーケティング機能をクラウド上で行うマーケティング・オートメーションツールです。

【メリット】
SaaS型のMAツールですが、Bluemixと連携することにより、オンプレミス型のツールや導入企業独自のツールとの連携が可能となります。

【デメリット】
ツール自体は日本語対応していますが、製品資料・サポートが英語対応のみのため、MAツール経験が少ない企業には不向きでしょう。

2-3 Salesforce Marketing Cloud

SFAで有名なSalesforce提供のMAツールです。

【メリット】
Salesforce提供のMAなので、SalesforceのSFAとの連携が容易となります。また、Salesforce Analytics Cloudと連携すれば様々な分析やBIダッシュボードによる可視化が可能となります。

【デメリット】
Salesforce Marketing Cloudだけでは、顧客管理や分析・効果検証ができないため、これらのツールを購入する必要があります。

2-4 Responsys

メール配信から始まったMAツールであるため、メール配信におけるセグメント機能が精緻であることが特徴です。

【メリット】
メール配信では最大手だった技術を生かしているため、詳細なセグメント・スコアリング設定が可能となります。

【デメリット】
BI分析機能がほとんどないため、効果検証できません。分析とマーケティング施策を連携させたい場合には、新たに解析ツールを導入しなければなりません。

2-5 Hubspot

Hubspotは、マーケティングプラットフォーム、セールスプラットフォームの両方合わせて、世界95か国、18000を超える企業に導入されています。

【メリット】
ソーシャルマーケティングが得意で、ソーシャルメディアによるROIを図ることが可能です。また、価格も比較的安く、無料トライアルもあるため、気軽に試したい方にはオススメでしょう。

【デメリット】
高機能であり、システムが複雑なため、リテラシーの高いマーケターがいない場合は不向きでしょう。また日本語対応していないため、日本語のマニュアルが必要になります。

2-6 b→dash

b→dashはMAではなく、純国産のマーケティングプラットフォームです。オンライン・オフラインのあらゆるデータと連携し、ワンプラットフォームで一気通貫したマーケティング施策を実現できます。

【メリット】
b→dashは分析機能が豊富で、分析に基づいた顧客のセグメント・スコアリングができ、高速PDCAを回すことが可能となります。また、専門コンサルタントによる手厚いサポートが受けられ、導入が容易です。

【デメリット】
データ統合基盤(DWH)も兼ね備えており、データの取得・統合・活用を一気通貫で行える機能を備えているため、他企業と比べ価格が高くなります。

2-7 CCMP

メール以外のチャネル配信も外部システムとの連携なしで行え、オムニチャネルマーケティングを実現するマーケティング・オートメーションツールです。Salesforce Marketing Cloud、 b→dash以外のツールで、LINEのデータとも紐づけすることができるのが特徴です。

【メリット】
メール配信機能に長けており、デコメや絵文字といった日本特有のメール文化に対応できます。

【デメリット】
外部システムとの連携なしでチャネル配信が可能ですが、広告配信を行う際はツール連携が必要です。

また、パブリックDMPとの連携が難しく、アクイジョン(新規顧客獲得)分野を含めた幅広い分野での活用には不向きとなります。

3.あなたもMAツールを導入してみよう!

いかがでしたでしょうか?
一口にMAツールといってもそれぞれ備えている機能や強みが異なることがわかっていただけたかと思います。今回は toC企業向けのMAツールを紹介しましたが、ぜひこちらも参考にしていただければ嬉しいです。

参考記事:【BtoB企業必見!】MAツール徹底比較 8選

是非MAツールを導入する際はよく比較検討してみてください!

無料のeBook
詳しくはこちら